投稿

あんしんつうしんNo. 250(こどものびょういんのひよう)July 13, 2017

English follows,

あついまいにちです。 そとに いるとき、たてもののなかに いるときでも あたまがいたくなったり、きもちが わるくなったときは “熱中症(ねっちゅうしょう)”とおもってください。すぐに かおや て・あしを ひやしてください。ふくを ゆるめて からだを やすめてください。「あせ」が たくさんでたときは しおのはいった のみものを のんでください。5さいまでの こどもと 65さいいじょうのひとは とくに きをつけてください。

こうべしは 7がつから こどもの「医療費(いりょうひ):びょういんなどで はらう おかね」が0~2さいは ただに なりました。3さいから ちゅうがくせいは 1かい目と2かい目は1かい400えんを はらいますが、3かい目からは ただです。やくしょで 「こども医療費受給者証(いりょうひじゅきゅうしゃしょう)」を もうしこんでください。といあわせ078-333-3330:こーるせんたーへ

Hot days follow, so we have a tip on heat stroke prevention followed by  good news on children’s medical fee reduction! On these hot days, if you have a headache or nausea whether inside or outside of a building, you should take action for “heat stroke” prevention. Immediately cool off your face, arms, hands and feet. Loosen your tight clothes and rest your body. Drink a salted drink if you have sweated a lot. Children up to 5 and seniors above 65 need more attention than others.

Now, in Kobe city (from this July), infants between 0 and 2 years of age can receive free medical treatments at hospitals. Children between 3 and 15 years of age can have free medical care from their third visit at hospitals (400 yen charged for the first and second times). Please go to a city office and  apply for a children’s medical expense recipient certificate, called “kodomo iryou-hi jukyu-sha sho.” For details, call the Kobe City Call Center at 078-333-3330.