報告書:ベトナム難民一世・二世たちの震災の記憶

報告書:ベトナム難民一世・二世たちの震災の記憶 を公開します。

thumbnail of MemoriesOfTheEarthquakeDisasterForVietnameaseRefugees


2015年度 公益信託 神戸まちづくり六甲アイランド基金助成事業 報告書
ベトナム難民一世・二世たちの震災の記憶
阪神・淡路大震災から20年を迎えて

2015年度 公益信託 神戸まちづくり六甲アイランド基金助成事業として、報告書「ベトナム難民一世・二世たちの震災の記憶- 阪神・淡路大震災から20年を迎えて」を作成しました。ご関心のある方は、報告書をダウンロードができます。冊子をご希望の方は、ベトナム夢KOBEまでご連絡ください。現在、同報告書のベトナム語版を作成中です。


ベトナム夢KOBE設立15周年、記念シンポジウム

ベトナム難民の経験の記録と継承

日本政府が1981年に難民条約を批准してから35年が経過しました。その間、日本はインドシナ難民、ビルマ難民を受け入れてきました。今年からはさらに、シリア難民を受け入れることを表明しています。

日本社会は「難民を受け入れる」という経験から何を学んだのでしょうか、あるいは何も学ばなかったのでしょうか。そして、難民として日本に移住してきた人びとは、日本社会でどのような人びとと、どのような経験をしてきたのでしょうか。

本シンポジウムでは、難民について多角的な視点で研究を行なっている研究者を招き、日本社会がベトナム難民を受け入れた経験を振り返りつつ、これから難民として移住してくる人びととの向き合い方を探ります。

日時:2017年3月11日(土曜日)
13時30分~17時30分(受付13時~) 終了後、懇親会の予定あり
会場:新長田勤労市民センター別館ピフレホール3階  会議室A
参加費:500円 当日支払い
定員:50名

発表者:
久保忠行 (大妻女子大学 比較文化学部 講師・文化人類学)
「難民受け入れが日本社会にもたらしたもの —課題と展望—」
高橋典史 (東洋大学 社会学部 准教授・社会学)
「ベトナム難民の日本定住において宗教が果たした役割」

コメンテーター:
長谷部美佳 (東京外国語大学 世界言語社会教育センター 特任講師・社会学)

<お申し込み・お問い合わせ先>
ベトナム夢KOBE
メール: vnkobe@tcc117.jp、電話:078-736-2987
裏面の申し込み事項を記載のうえ、3月3日(金)までにメールまたはFAXでお申し込みください。

※  定員に達し、入場をお断りする場合のみ、ご連絡いたします。
※  印刷用ちらしはこちらからダウンロードしてください。

続きを読む ベトナム夢KOBE設立15周年、記念シンポジウム