「メディアの実践」カテゴリーアーカイブ

2021年7月29日関西学院大学メディア情報学科第2回後半『新型コロナウイルス体験談』

『新型コロナウイルス体験談』
◆制作者: 家崎杏
◆インタビュイー:関西学院大学大学生2人

◆番組のねらい/内容の説明
新型コロナウイルスの感染が日々拡大し、緊急事態宣言の発令に伴って、様々な活動が制限されている。しかし私は、今回インタビューに協力してくれた友人二人が感染し、自分が濃厚接触者に当たるかどうか疑われた時に初めて新型コロナウイルスを身近に感じた。
このように、感染者が身近にいない人は感染の可能性が身近にあることを実感しにくいのではないだろうか。
感染を経験した二人の話を聞くことで視聴者に少しでも新型コロナを身近に感じてもらうためにこの番組を制作した。

◆制作過程や方法などで工夫したところ
インタビュアの状況が似ており、質問の内容が同じだったので、一人ずつ話を聞く形ではなく、一つの質問に対し二人が交互に答えるという流れになるように編集した。

◆制作を終えて思うこと
インタビューに協力してくれた二人からはインタビュー前にもホテル療養について話を聞いていた。が、インタビューを通して改めて話を聞き、編集することで、私自身のコロナとの向き合い方ももう一度見直すことができた。

2021年7月29日関西学院大学メディア情報学科2回メディアの実践第2回前半『コロナ禍の中の大学生活〜中国人編』

『コロナ禍の中の大学生活〜中国人編』
◆制作者:兪佳晨

◆出演者:熊本大学2年の徐さん
     中国鉱業大学(江蘇省)4年の李さん
     武漢理工大学(武漢市)4年の劉さん

◆番組のねらい/内容の説明
新型コロナにより、私たち大学生は前例のない新しい大学生活を送っている。本番組は日本と中国にいる中国人の大学生に着目し、彼らのコロナの下の大学生活について見ていきたい。同じ中国人としても、置かれた環境によって、経験したことや目線も違ってくる。そして、中国の予防経験を共有し、一人の闘いではなくて一緒に闘っている仲間がたくさんいることを伝え、コロナ禍でストレスがたまって迷いに陥った人の励みになりたい。
◆制作過程や方法などで工夫したところ

ネット環境の原因で録画も固まったりしたことがあるので三人のインタビューに日本語の字幕をつけた。BGMはAppleのアプリでサンプルを利用して簡単に作ったので、著作権問題にならないと思う。ナレーションの録音は隔離されているホテルでやったので、騒音は避けることができないが、BGMを加えると騒音が目立たないようにした。

◆制作を終えて思うこと
編集は思ったより大変だったが、この講義を通じて知識だけではなく、実技も色々学んだ。ラジオ番組は動画がなくても音声だけでみんなにはっきりして情報を伝えられるので、内容と音声が極めて重要だと感じた。これからこれらの点について工夫しなければならない。

2021年07月22 日関西学院大学総合政策学部メディア情報学科メディア演習メディアの実践/FMYYとの共同制作/ 関西学院大学メディアの実践第1回

◆番組タイトル
「自粛できない活動者から学ぶコロナ禍の過ごし方」

◆制作者:関西学院大学総合政策学部メディア情報学科二回生奈佐幸音
インタビュイー:美術予備校生 Aさん
インタビュイー:医療系専門学校生 Sさん

◆番組タイトル
「自粛できない活動者から学ぶコロナ禍の過ごし方」

◆番組のねらい
コロナ禍で様々な活動自粛がされる中、どうしても自粛する訳にはいかない職業や活動が存在する。その中でそういった団体はどのようなコロナ感染対策を行っているのか、自粛できない活動に参加している当事者はどのようなことを感じているのか、どのような要望を抱えているのか。また、当事者達の思う解決策や改善点について聞いていき、自粛生活に役立つ対策を考える。

◆制作過程や方法などで工夫したところ
音声のみ、映像のみのどちらでも理解できるように心がけて制作した。
また、インタビューした二人から匿名にして欲しいと要望があったので、二人の区別が付くように違う画像、違う色にして分かりやすくした。

◆制作を終えて思うこと
インタビューをして素材を集めるまでは簡単だったが、素材をつなぎ合わせるなど編集作業が予想していたよりも難しかった。しかし、二人のインタビューから自分の経験し得ない有意義な話を聞けたので、制作できてよかったと思う。

2020年度関西学院大学山中速人研究室/FMYY共同制作番組メディアの実践「コロナ禍の生活を記録する~学生たちの映像フィールドノート」その9 後半

後半
タイトル:『自宅待機中にストレスを貯めないためにしていたことをシェアハウスの人々にインタビューしてみた』
制作者:川崎勇輝 
協力者:Kさん、Yさん
三田のシェアハウスで6月ごろまで全く家から出ない状況が続いていた。
インタビューの画面を実際のニュースの動画などを参考にして工夫を凝らた。全部の文字のフォントを変えて、縦書き横書きを混ぜて組み合わせることで、よりぽくなったと思ている。動画編集自体はそこまで苦労しなかった。しかしインタビューするのが、みんなカメラ慣れしておらずとても苦労した。

個人的にはおもったより良いものが作れたと思っている。
しかし、まだまだ動画の見やすさはテレビに負けており、彩色の使い方や文字のバランスなど直すべき点はとても多いと思う。またこれを機に自分で動画を撮影する方にも注意を向けてこれから努力していきたい。

2020年度関西学院大学山中速人研究室/FMYY共同制作番組メディアの実践「コロナ禍の生活を記録する~学生たちの映像フィールドノート」その9 前半

前半
タイトル:「コロナと私たちの恋愛」
制作者:伊藤舞 総合政策学部総合政策学科
協力者:兒玉雄登さん、橋本さん(仮名)
国から休業要請が出されてからはバイトもなく、学校に行くこともなく、一人暮らしをしているので人に会うこともなく、本当に孤独だった。今になってみれば嘘みたいだが、毎日ベッドでタオルに顔を押し付けて泣いていた。
皆さんにとって身近な話題であろう恋愛の観点からコロナ災害について考え、二つのインタビュー映像を軸に番組にまとめた。この番組をご覧くださった方の心に何かを与えられる番組になっていたら嬉しい。
これまで動画編集をしたことがなかったので、好きなYouTuberが紹介していたWondershare Filmora9という無料ソフトを使用して番組を作成した。テンポよく動画を進めることと番組の流れをわかりやすくすることを意識した。
この番組作成だけではなくメディア制作演習という授業全体を通して、コロナ災害について様々な視点から捉えたり、それに伴う自分の心身の変化を見直したりして、自分自身が大きく成長することができたように思う。

2020年度関西学院大学山中速人研究室/FMYY共同制作番組メディアの実践「コロナ禍の生活を記録する~学生たちの映像フィールドノート」その8 後半

後半
タイトル:「コロナで1ヶ月家に閉じ込まざるを得なかった私が見出した日々の楽しみ方」
制作者:山浦友華 関西学院大学 総合政策学部 メディア情報学科3年
協力者:母・父
私はもともとアウトドア派で、一日にバイトや遊びといった2つの予定を入れて多忙な日々を過ごしていた。家に1日中ずっといるということは少なく、慣れていなかった。
自粛を強いられた状況で旅行や友達と遊ぶ予定がなくなってしまった状況を恨むばっかりではなく、そのようになってしまった状況は仕方ないのでその中でどう楽しむのか、自分が楽しもうという気持ちを持てばどんなことも楽しくなるということを伝えたい。
コロナ期間は毎日同じことの繰り返しで、刺激的な日々は正直過ごすことができなかったが、記録に残そうとなんとなく写真を撮っており、その写真を今回活かすことができた。
それとiPhoneだけで頑張った。制作では「capcut」という最近流行っている有能な無料アプリですべての編集を行った。
番組制作の大変さやしっかりとした準備の大切さ、セルフビデオの撮影の時にカメラを固定したり、制作の様々な部分を体感できてよかった。携帯の容量が少なく、既存のデータをできるだけ消去するのが個人的に大変だった。
このような動画を作ったことはないのでクオリティが低いが、自分なりに頑張った。