コロナワクチン 接種までの流れ

コロナワクチンは無料で接種できます。
仮放免など、住民票がない外国人の方も接種できます。

❶ 自治体から「接種券(クーポン券)」と「新型コロナワクチン接種のお知らせ」が届く

地域や年齢によって接種券を受け取る時期は違います。
住民票がない外国人の方は、あなたの住所がわかるものを見せて、住まいのある地域の役所に相談してください。

接種券のサンプル(出典:厚生労働省「コロナワクチンナビ」)

vaccine-g

❷ 1回目の接種の予約をする

ワクチンは2回受けます。まずは1回目の予約をします。

予約方法

・自治体が設けている会場で接種する場合
自治体の予約サイトから予約するか、自治体のコールセンターに電話して予約します。
接種のお知らせに予約サイトのURLやQRコード、コールセンターの電話番号が書いてあります。

・各医療機関(いつも行く病院など)で接種する場合
自治体によって予約方法が違うので、お知らせや自治体のホームページを見てください。
医療機関に直接予約する(ホームページや電話)場合と、
自治体の予約サイトやコールセンターから予約する場合があります。

ワクチンが接種できる医療機関は、下記のサイトで探せます。
日本語:https://v-sys.mhlw.go.jp/search/
英語:https://v-sys.mhlw.go.jp/en/search/
韓国語:https://v-sys.mhlw.go.jp/ko
中国語:https://v-sys.mhlw.go.jp/zh-cn

このほか、今後は職場や通っている大学でもワクチンを受けられるかもしれません。

※2ヵ所以上に予約をしないように注意してください。
※予約の方法や手順は、今後変わる可能性があります。

❸ 1回目の接種を受ける

持ち物:接種券、本人確認書類(在留カード、パスポート、マイナンバーカードなど)
予診票(接種券と一緒に届くので書いておく。参考用の多言語版は下記サイト参照。)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_tagengo.html

❹ 2回目の接種の予約をする

❺ 2回目の接種を受ける

接種後の注意

ワクチンを打ったら、その場で15分~30分待ちます。

ワクチンを打った後、体調が悪くなることがあります。
症状が重い場合、何日たってもよくならない場合は医療機関に相談しましょう。

ワクチンを打っても、マスクなどの感染対策は続けてください。

問い合わせ

ワクチンに関する一般的なことについて:
厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
0120-761770(無料・土日祝日も受付)
日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語:9:00-21:00
タイ語:9:00-18:00
ベトナム語:10:00~19:00
※最初は日本語で話します。「通訳をしてほしい」と言ってください。

予約について:住んでいる地域の役所に相談してください。

<出典・参考>
「ワクチン 接種までの流れ 接種予約は」(NHK 新型コロナウイルス特設サイト)
https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/vaccine/flow/

「コロナワクチンナビ」(厚生労働省)
https://v-sys.mhlw.go.jp/

「外国人住民向けにコロナワクチン情報発信。多言語コールセンターや17言語でのお知らせも」
(Buzz Feed)
https://www.buzzfeed.com/jp/sumirekotomita/covid-vaccine-1