「インドネシア防災活動レポート」カテゴリーアーカイブ

FMわぃわぃがインドネシアに現地事務所を設置します!

2006年以来、
「世界コミュニティラジオ放送連盟(AMARC)」に加盟しているFMわぃわぃは、その仲間である、インドネシアのNGO「コンバイン・リソース・インスティテューション」との協力体制を続けてきました。
両者を結んだテーマは「地域の防災」と、「コミュニティラジオが地域に果たす役割」。

インドネシアは日本と同じように災害の多い国です。
2010年にはジャカルタ中部にあるメラピ山の噴火で大きな被害を受けました。2年を経過してもなお仮設住宅暮らしが続いている周辺村落で、住民が気軽に参加し、発信するコミュニティ放送が復興への力となるはず。

その想いで始まった今回のインドネシア事業。
photo現地に駐在するのは公募で選ばれた近藤まりえさん(写真)です。
途上国の農村開発や教育に強い関心を持つ若い力です。

近藤さんの目を通したインドネシア住民の皆さんによる「災害に強いまちづくり」へのあゆみを、このホームページで随時アップしていく予定です。
どうぞお楽しみに!