2019年9月14日「ワンコイン番組」蔀さん+神戸学院大インターン+立命管大学+dbスタッフ+長田区役所と参加者満載になりました~~!

本日のワンコインは、びっくりするぐらいの大人数~~途中は参加者2重状態になりました。

ミキサーは名古屋からの月一の使者YYCrewの上澤君、進行は金千秋、そして神戸学院大のボランティアインターンは現代社会学部現代社会学科2年の松木彩華、堺早希、東権裕美そして途中参加途中退室は、ダンスボックス田中幸恵さん、米澤百奈さん、横堀ふみさん、そして神戸市長田区役所まちづくり課皆木浩志さん。「踊るまち新長田構想」のためにおいでになりました。
番組の感想は、神戸学院大学インターン生松木紗華です。

ワンコイン番組に出演して
今日の番組で取り上げられた「視覚障害者」の話の中で特に気になったのは、放送されているテレビ番組が障害をもつ人のことも考えて作られていないということです。
よく番組で言われる「詳しくはこちら」といって、テレビ画面の中でしかホームページのアドレス掲載がなく、視覚障害者の人は見ることができないため、アドレスや情報を知ることができなくなってしまうということに初めて気づきました。
確かに、「文字」での情報伝達は、目の見える人だけにしか伝えることができず、目の見えない人にはその情報が上手く伝わらないなと思いました。
その他に、介護保険が介護の必要度によってサービスに違いがあるということも初めて聞きました。蔀さんが「介護保険のためにお金を支払っているのに、本当に介護してほしいことに対する介護がない」と言っていたことを聞き、このことはある意味「差別」になってしまうのではないかと考えました。
以上のことから情報だけでなく、社会的な保険制度にも格差があるのではないかと考えました。

2019年9月14日は生配信番組の時間が一部変更になります

みなさまこんにちは、FMYYです。

2019年9月14日の生配信番組は以下の通り一部時間を変更してお届けします。
13:30-14:00 わぃわぃキッズラジオ
14:45-15:15 街ブラ~人と街とくらしを探る
16:15-16:45 放課後ジュニアラジオ部

いつものようにいずれの番組も配信終了後からはYouTubeで、後日わぃわぃホームページやPodcastからもお楽しみいただけます。

2019年度神戸学院大学ボランティアインターン①松木&池淵

2019年度も神戸学院大学の現代社科学部現代社会学科のボランティアインターン生が4人FMYYに来ました。
4人はそれぞれFMYYの番組のカテゴリーからそれぞれ自分の興味のあるカテゴリーに進み、いろんな番組を視聴しました。
今回の二人はキッズとジュニアという年齢は少し違いますが、子どもたちの発信という番組に注目しました。担当は松木紗華と池淵花菜子です。

2019年AWEPあんしんつうしん「AWEPのイベント「こんばんはⅡ」」のお知らせ。

今月のあんしんつうしん
AWEPのイベントのお知らせです。
AWEP anshin tsushin
Mga tips at impornasyon hatid ng AWEP
Ipinababatid po sa lahat na magkakaroon ng event ang AWEP.


「こんばんはⅡ」という映画をみます。
この映画は、夜間中学校(夜に勉強する中学校)を 紹介する 映画です。
映画をみた後に、夜間中学校の先生、卒業した人、今、勉強している人、のお話を聞きます。
どこの国のひとも、男の人も女の人も、子どもも大人も、若い人も年をとった人も。すべての勉強したい人が、勉強することができるということ。勉強する場所があることの大切さ など、お話を聞きながら、みなさんと一緒に「学ぶこと」「生きること」を 考えます。

Magpapalabas po ng documentary movie na may pamagat na “KONBANWA II” at magkakaroon ng panel discussion.

Mapapakinggan po natin ang nga ilang pangungasap mula sa mga kasalukuyang nag-aaral, at mga nagsipagtapos, at ilang guro sa junior high school na panggabi.

Binibigyang halaga dito na hindi importante ang nasyonalidad, kasarian at edad. Lahat ay may karapatang mag-aral. May lugar na maaaring makapag-aral, at mabuksan ang daan para sa kinabukasan.

日時:2019年9月23日(月・祝)
14:00~16:30
場所:新長田ピフレホール会議室A
(JR新長田駅南側 ピフレ新長田3階)
お金はいりません。
Ito ay gaganapin sa September 23, Lunes, Holiday, simula alas-2 ng hapon hanggang alas-4 ng hapon.
70 katao ang maaaring makapanood.
申し込みは、AWEPまで 連絡してください。
TEL 078-734-3633
Email awep@tcc117.jp
Magpatala o makipag-ugnayan po lamang sa telepono o fax sa numerong 078-734-3633 o e-mail sa awep@tcc117.jp.
Ang event na ito ay sa tulong at suporta ng kobe city.

2019年8月24日「ゆうかりに乾杯!」

FMYYの番組「第148回ゆうかりに乾杯」のゲストは、国際交流団体「TEAMスマプラ!」代表 高橋大輔さんとメンバーの仲亜希子さんでした。

この番組はFMYYのYouTubeチャンネルでライブ配信されました。

高橋さんはファッション関係の仕事を15年間ほど続け、その後独立し居場所作りを主たる業務とする「CRAZY DESIGN」の事業主として活動されています。
この仕事の他、多くの仕事、活動をされており、本日はその中の一つである、国際交流団体スマプラ(Suma International Relationship Plan)の活動を、代表の高橋さんと活動をともにされている仲さんのお二人にお伺いしました。
高橋さんがこの活動をしようと思ったのは、外資系ファストファッション会社に勤めていた時、英語の必要性を感じカナダに1年間語学留学していた時、多くの外国人から生活を助けてもらったことから、恩返しの意味からも、在住外国人が日本で暮らす手助けなどのお役に立てればと思って始められました。
「スマプラ」の活動の一つに配給元の許可を得て行う映画上映会では、移民問題を扱った「バベルの学校」、プラゴミ問題の「A Plastic Ocean」、ファストファッション業界の扱う洋服の廃棄問題の「The True Coast」、そして食料廃棄の「0円キッチン」など、高橋さんとそのメンバーは社会問題、環境問題に関心が高いので、そのような映画を上映後、参加者の間で議論し、理解を深め普及する活動をされています。
更に、多くのイベントを実施されており、最近は須磨寺の副住職、小池陽人さんとコラボしたこども英語カルタ大会「Templish」、お寺でのファッションショー「寺シカル」他、多くの高橋さんならではのユニークな発想に基づく企画を提供されています。「寺シカル」はお寺とエシカル(倫理的な)の合成語で、ファッション業界では、製造過程で誰も傷つけず、地球を汚さず、理にかなった生産販売方法のものをエシカルファッションと呼んでいます。
このようなユニークな活動の企画は、ほぼ高橋さんが担当されており、同じイベントは原則として2度実施しない、面白いことを連発することで飽きさせず、メンバーも楽しみながら社会問題、環境問題を学べることを継続し提案し続けたいという高橋さんの強い想いを伺いました。
外国人、日本人の輪が自然に拡大していく原点を伺い、活動内容のすばらしさ、高橋さんの個性の魅力に共感する人が増えていくことが十分理解納得できました。
放送音声及び文書化した放送概要は、近日中に「ゆうかりに乾杯!」の下記URLで、ご覧いただけます。
http://yukari-ni-kanpai.sakura.ne.jp/
FMわぃわぃのホームページ、ポッドキャストでもお聴きいただけます。

YYJournal~長田の視点「犯罪を犯した人の社会復帰における課題」2/2

「犯罪を犯した人の社会復帰における課題」第1回に続いて、2回目です。
番組司会進行はYYCrew宮本、そしてお話しいただくのは、保護観察官の中山氏です。
前回の資料でもわかるように犯罪の発生は、戦後すぐから増加、平成14年がピークで285万件、それ以後平成29年度で91万件、大幅に激減。犯罪の7割を占める窃盗犯の減少が要因。。傷害は2万件、暴行は3万件で一定数を推移。
戦後のしばらくは少年犯罪が多発(これは歴然とした戦争被害は弱者に大きく出る)、しかし現代の問題は、高齢者の軽犯罪の多発。人口構成の変化が、犯罪特性にも影響を与え、一人暮らしの、現代の弱者といえる高齢者の犯罪が増えているというのはこの国の社会の寛容性のなさなどの問題が原因と言える。高齢者による犯罪が、人口構成比率より多く、10年間で4.2%から21.5%に増加。外国人犯罪は現在1万件、定住外国人の犯罪は減少、しかし訪日外国人の増加に比例して犯罪件数は増える。犯罪を抑制するには、日本文化になじみ、生活基盤が安定することが大切。このことは高齢者の犯罪抑制に関しても、同様のことがいえる。各自の経済的自立は重要であり、そのためには仕事とまともな帰住先、地域における受け入れが必須であり、これは社会が多様な人々を受け入れる寛容性のあるなしにかかわると言える。
犯罪者の社会復帰率の高い社会は、地域に住まいする人々にとっても幸せ率の高い社会ともいえるのではないかと思えた。


第2回の話に合わせた資料です。

神戸市長田区から世界の言語で放送しています。