「ダイバーシティ」タグアーカイブ

マイノリティからの発信。español, Tiếng Việt, Tagalog, 한국 조선어

2020年5月23日「らの会わぃわぃbyネットワークながた」今月は生出演

先月は遠隔でご出演のくららべーかりーの石倉悦子さんと泰三さん。
本日は泰三さんは2メートルのソーシャルディスタンスでスタジオにいますが、出演は悦子さんです。
(泰三さんは悦子さんのアッシー君です)
前半はなんとあの毎日晴天みたいな悦子さんが「コロナ鬱」になったお話。
そしてそこからの脱出はやっぱり「阪神・淡路」を中心としたまた「兄弟・姉妹会」を取り巻く心を割って話せる友人との絆!!というお話。
後半はいろんな違いを持った人々のそれぞれの生き方。
そして最後は「コロナ災害」阪神・淡路の時とおんなじに、あの時の助け合いの心を忘れずに!という未来世界、「共に生きる」の世界には、人間だけでなく、地球と共に生きる!!の気持ちも忘れずにとなりました。

コロナ で こまった とき に みる カード https://www.covid-multilingual.com/

コロナ で こまった とき に みる カードhttps://www.covid-multilingual.com/
日本語
日本語 English Tiếng Việt Filipino

Português हिंदी Монгол хэл español

Italiano اللغة العربية

日本語 English Tiếng Việt Filipino

Português हिंदी Монгол хэл español

Italiano اللغة العربية

2020年5月13日Programa radial 「Latin-a」


Programa radial Latin-a. La educadora Marcela Lamadrid como apoyar a nuestros hijos en esta época en la que no están asistiendo a la escuela. Además un resumen de las noticias sobre la propagación del Covid-19 en Japón.
Transmisión en vivo, de 7:00 a 8:00 pm a través de la emisora radial FM Wai Wai y de nuestras páginas:
Facebook: http://www.facebook.com/RevistaLatin.a/
Youtube: http://www.youtube.com/user/fmyytube
Puedes hacer tus consultas durante nuestra transmisión en vivo

ラテン語番組「 Latin-a」教育者marcela lamadrid氏が、このコロナ災害で子どもたちが、学校に通っていないときに、保護者が子どもたちをどのようにサポートするか?を話してもらいました。
また 日本でのcovid-19の拡散に関するニュースもまとめました。
コミュニティメディア「FMYY」と私たちのページ「Revista Latin-a」を通じて7:00時から午後8:00時までライブストリームで配信します。:
フェイスブック: http://www.facebook.com/RevistaLatin.a/
Youtube: http://www.youtube.com/user/fmyytube

2ヵ月ぶりのワンコイン番組~本日はLINE音声収録でお送りしました。


3月4月とたかとりコミュニティセンターも8割減の三蜜を避けるという体制。
みんなでワイワイ集まる番組ワンコイン番組は自粛していました。
4月25日の遠隔でのcrewMTGをへて、FMYYのできること、一人ひとりの現場の声を届けようということで、5月9日土曜日から短縮バージョンですが再開しました。

トップバッターは心美人の朴明子さん。(ぱくみょんぢゃさん・마음이 아름다운 박명자씨 『친절한 금자씨 チンチョランクムジャシ】親切なクムヂャさんという有名な韓国映画はありましたが、みょんぢゃさんは20年近くFMYYの番組ではこう自己紹介されます)

元看護士だったということもあり、現在命をかけて医療や介護現場で方々へのエールのブルーライトアップ。
体操教室も閉鎖され、近くの散歩コースでの鯉のぼり。
ご自身の手つくりや友人の制作マスクと殺菌効果がある銅ということで10円玉の話。
最後は文化活動の携わる方々の厳しい生活と、さいたま市のさいたま朝鮮初中級学校の幼稚部のみ除外しマスク配布をしなかったという住民の命を守るという意識欠如の到底許せない行政の対応。

そして最後は「今までの価値観を変える生き方をしよう!」というAfterCOVID19の世界観を伝えていただきました。

2020年5月6日Programa radial Latín-a,


Programa radial Latín-a, “Problemas con la visa debido a la propagación del Covid-19 en Japón” explica el Lic. Marcos Nakashima. Además, otras informaciones y medias que viene tomando el gobierno japonés.

“PERSONAS QUE SON CONSIDERADAS PARA REINGRESAR A JAPÓN, con algunas consideraciones”.

“Residente permanente”:永住者 (EIJUSHA)
“Cónyuge de japonés”:日本人の配偶者等 (NIHONJIN NO AHIGUSHA)
“Cónyuge de residente permanente”:永住者の配偶者等 (EIJUSHA NO HAIGUSHA)
Si tiene un estado de residencia de “residente” 定住者 (TEIJUSHA)

Si saliste de Japón con un permiso de reingreso antes del 28 de abril, en principio es posible reingresar desde los 14 países sujetos a rechazo de entrada.
*Sin embargo, se excluye a las personas que salieron de Japón el 3 de abril o después y tuvieran un historial de haber permanecido en países a los que se le niega la entrada a Japón.
Por otro lado, si abandona el país después del 29 de abril (o después del 3 de abril para los países que estaban sujetos a la denegación de entrada), estará sujeto al rechazo de entrada en principio.
Cabe señalar que los “residentes permanentes especiales” no están sujetos a la denegación de entrada.

Nakashima Marcos
DAIKEI CONSULTING

日本での covid-19 の拡散 による ビザ 問題“の解説.
解説はマルコス中島氏. さらに, 日本政府が取っている他の情報などについて解説します。

“日本への海外からの再入国(特に南米からの再入国)”

“永住者”
”日本人の配偶者等”
“永住者の配偶者”
“住民”在留資格を持っているなら(定住者)

4月28日までに再入国許可を持って日本を出国した場合、原則として入国を拒否された14か国からの再入国が可能です。
※ただし、4月3日以降に日本を出国し、日本への入国を拒否された国に滞在歴のある者は除きます。
一方、4月29日以降(または、入国を拒否された国は4月3日以降)に出国した場合、原則として入国を拒否されます。
なお、「特別永住者」は、入国を拒否されることはありません。
(FMYY事務所注釈:特別永住者に南米の人が含まれることはまずないとは思います。)
中島マルコス
大渓コンサルティング

2020年4月29日 Programa radial en español “Latin-a”


Programa radial Latin-a, la Dra. en Ciencias de la Salud quien actualmente trabaja en la facultad de enfermería de la Universidad Otemae en Osaka, Lourdes Herrera, nos comenta “Sobre la propagación de Covid-19 en Japón y medidas a tomar en cuenta”. Además, entérate otras informaciones y medias que viene tomando el gobierno japonés.

現在大阪大手前大学看護学部に勤務しているラテン-aラジオ番組. ルルドエレーラ氏が”日本 の covid-19 の 拡散 と 考慮 する 対策”と語っています.
「Latin-a5月号」に詳しくコロナ災害での支援について掲載していますので、ご覧ください。