「わぃわぃ社会部」タグアーカイブ

歴史、社会変革、文化、わぃわぃが伝えたいニュースなどの番組

2020年6月FMYYコミュニティAD「長田区長から~コロナ災害禍にある長田区民のみなさんへ」

FMわぃわぃ 区長メッセージ

皆さん、こんにちは。長田区長の増田匡です。
このFMわいわいは、阪神・淡路大震災の後(あと)、市民と行政が手を取り合って復旧・復興を成し遂げていこうという思いからスタートしたコミュニティラジオです。
この度の新型コロナウィルス感染症の拡大は、阪神・淡路大震災に匹敵する大きな災害であると考えています。この災害を皆で乗り越えていきたいという思いから、このFMわいわいの場でメッセージをお送りすることとしました。

兵庫県では5月21日に緊急事態宣言が解除されました。まずは、皆様方に、これまで外出の自粛など感染拡大防止のためにご協力いただきましたことにお礼を申し上げます。
また、感染のリスクの中で、治療に取り組んでこられた医療関係者の皆様や、我々の日常生活に必要な様々なお仕事に従事されてきた皆様にも、厚くお礼を申し上げます。

解除されたとは言え、一旦は収まっても繰り返し再発する可能性が高く、ワクチンや効果的な薬が開発され、本当に安心できるようになるのは数年先になるとも言われています。
それまでの間は、気を緩めることなく感染防止に注意し、手洗いや三つの密を避けるといったことが引き続き必要となってきます。不便を感じることが多いかも知れませんが、物事に終わりは必ずあります。引き続きのご協力をお願いします。

長田区の良い面は、人と人の距離が近く、親しみやすいこと、そしてみんなが地域で支え合って生活をしていることだと思います。
新型コロナの感染を巡っては、人と人の分断が問題となっていますが、体の距離は必要でも、心の距離は必要ではありません。
今後、コミュニケーションの取り方は変わっていく可能性がありますが、コロナと共に生きる社会においても、心の距離を遠ざけない工夫をしながら、皆様と一緒に長田区の良さを保ち続けていきたいと考えています。

現在、神戸市役所ではコロナでお困りの方への様々な支援方策を実施しています。
十分ではないかも知れませんが、是非色々な制度をご活用下さい。
そして、困ったことは、身近な存在である長田区役所にご相談下さい。ただ、区役所が三つの密の状態になってはいけません。まずはお電話でご相談いただくか、窓口の混雑状況はホームページでも分かりますので、空(す)いている時間帯を選んでご来庁いただければと思います。

本当の意味で安心できる日が来るまで、長田区長として区役所の職員と共に、そして、長田区民の一人として皆様と共に、精一杯この長田区を守っていきたいと思います。
前を向いて一緒に頑張っていきましょう。ありがとうございました。

2020年5月23日「コロナ災害渦中ワンコイン番組」本日はYouTubeライブ+遠隔


本日のワンコインはYouTubeはライブ、そして遠隔でYYCrewとLINEグループで繋ごうという企画。
しかしながら、なかなか難しい~~
とうことで急遽、YouTubeはライブ、LINEはグループではなく1対1.かつ音声だけにしました。
内容はこのコロナ災害の同調圧力について、1市民としての意見を尋ねました。

【コロナ騒動で思うこと】

コロナ騒動で起こる変化として、ZoomやLineの活用でグローバルな集まりや意見交換が気軽に、また活発になということに期待しています。

それから行政やお役所に望むこととしては、例えば保健所から上部組織にあげる報告を、手書きで書類を作りFaxで送る、それをまたハンドで集計するという旧態依然の方式はやめ、現代の情報処理をして欲しい。それからなんでもハンコがないと進まないというのも変わって欲しいです。

さらに言うと、行政の人たちは、新しい事態に出会っても今までやってきたことの延長でしか対処しようとしない。その方が楽だからなのか、或いは新しい事をやって失敗でもしたら自分の将来はない、と考えるからか? 阪神淡路大震災の時もそうでした。それを突き破らないと、次の危機の時も同じようにしか対処できないと思うのですが。
**********************************************

2020年5月16日コロナ災害渦中「ワンコイン番組」第2回は自然環境への視点と共に。

コロナ災害での三蜜禁止ということで、3月4月はこのワンコイン番組。市民が集う場所として開設していましたがしばらくお休み。
しかしながら4月25日のグループLineでのFMYYCREWMTGで、FMYYにできること、それはやはり、一人ひとりの声を発信すること。それが大事ということになりました。
そこで5月からは「コミュニティAD」という、FMYY以外のまちにたくさんある市民活動、それをご紹介する番組で、たかとりコミュニティセンター(元たかとり救援基地)代表の神田さんの声を届け、そしてワンコイン番組では、朴明子さんの在日として生きる目線をお届けしました。
第3週は、「のびたん」こと橋本敏明さんに参加いただきます。橋本さんはFMYYへ徒歩圏内ですので、スタジオにおいでいただき、司会の金千秋とは距離をとってお話しいただきました。
●FMYYへの特別給付金の寄付
いろんな形でいろんな思いを持った寄付の話はありますが、「のびたん」は、FMYYのその最初からの外国人への情報発信活動への支援金としていただきました。
ありがとうございます。
●コロナ災害、地球環境としての視点(NASAの衛星写真を見て)
多くの犠牲者が出ているこのコロナ感染という災害。
しかしながら地球環境としての視点からも、NASAの衛星写真はきちんと記憶しておかなくてはならないと思いました。
人間の便利・安いの経済的追及のため、中国の武漢を中心とした地域が、工場から膨大な空気汚染を起こしていたという事実。それがなんと2020年1月から2月のひと月で、澄んだ美しい元通りの大気となっていること!!
ウィルスというのも地球環境の中のひとつの生物!であり、人間に害のあるもの(本当にそうなのかは疑問です。地球上に不必要なものは存在するんでしょうか??)すべて排除、すべて撲滅という考え方は、人間側からだけの考え方である!ということも、これからの世界のあり方を考える上で私たちは心に刻んでいなくてはならないと思いました。共に生きるのは、人間だけではなく「地球と共に生きる」としなくてはならないかも。
このことも、震災を記憶するFMYYとしてのこぼしてはいけない記憶なのだと、「のびたん」のお話を伺いながら、司会の金は深く心に留めました。

2020年5月YYJournal~長田の視点」第3回 オーストリア、グラーツから「市民性とは何か?」を考える。

世界中がコロナ感染症に染まり、それぞれの地域で、医療活動、経済活動が行われています。
YYJournal~長田の視点論説番組の第3回は、オーストラリア第2の都市グラーツにサバティカル(Sabbaticalとは、使途に制限がない職務を離れた長期休暇のこと)で1年間滞在されている関西学院大学経済学部中川慎二教授に
EU、特にドイツ語圏での市民にむかっての言葉に注目して、お話いただきました。

動画の中で使っている資料
FMyy_KOBE-2020_ver13

*この番組はプロジェクトMの提供でお届けしています。

サンテレビと神戸市が連携 7日からテレビ授業開始。

サンテレビニュース(Yahoo!ニュース)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200501-00010002-suntvv-l28

神戸市
https://www.city.kobe.lg.jp/a42646/537825271781.html

1.番組概要
(1)対象
・小学校1年生から中学校3年生まで
(2)内容
・家庭学習を進める上で参考となる各教科のガイダンス的な内容や取り組む手順などをわかりやすく伝える。
・教育委員会事務局各教科担当指導主事や神戸授業マイスター(教育委員会が認定した高い授業力を有する教員)が1単元を15分程度で解説する。

2.放送日程等
(1)使用するチャンネル
・地上波放送マルチチャンネルの第2チャンネル(サンテレビにおいては「032」チャンネル)を使用。
(2)放送時間等
・月曜日~木曜日の午前10時~11時の1時間(15分×4単元分)を予定。
・視聴できなかった場合も想定し、上記時間帯において再放送を織り交ぜて実施。
・放送後、同内容の動画を「サンテレビ公式YouTubeチャンネル」にて順次配信。
(3)初回放送予定
・令和2年5月7日(木曜)午前10時~11時
①家庭学習について(小・中全学年)②小学校(全学年)・体育
③小学6年・外国語(英語)④中学3年・数学
(※5月8日(金曜)・15日(金曜)の同時間帯に再放送。)

2020年4月29日 Programa radial en español “Latin-a”


Programa radial Latin-a, la Dra. en Ciencias de la Salud quien actualmente trabaja en la facultad de enfermería de la Universidad Otemae en Osaka, Lourdes Herrera, nos comenta “Sobre la propagación de Covid-19 en Japón y medidas a tomar en cuenta”. Además, entérate otras informaciones y medias que viene tomando el gobierno japonés.

現在大阪大手前大学看護学部に勤務しているラテン-aラジオ番組. ルルドエレーラ氏が”日本 の covid-19 の 拡散 と 考慮 する 対策”と語っています.
「Latin-a5月号」に詳しくコロナ災害での支援について掲載していますので、ご覧ください。