kim のすべての投稿

โครงการอิสรภาพสตรีแห่งเอเชีย Asian Women’s Empowerment Project アジア女性自立プロジェクト


在住外国人女性向けに
■相談窓口
外国人女性からの相談を、電話で受け付けています。
在日外国人女性を対象に、生活や法律上の問題について電話で相談を受け付けます。
日本に住んでいて困ったことがある、情報がほしいときにはお電話ください。

■電話相談の受付
日時:   毎週水曜日 11:00~16:00
対応言語: 日本語、英語
電話番号: 078-734-3633

※面談や他の言語での対応については、お問い合わせください。

関西学院大学総合政策学部山中速人研究室4年卒業制作その1

総合政策学部メディア情報学山中速人メディア工房 卒業制作
第一回 担当:中島達哉■番組のタイトル
『若者の着物離れ』は本当か データから見る着物文化」

■番組のねらい
和服を自分で着用するようになってから、日本における和装文化と「なぜここまで着物が着られなくなったのか」という疑問に対し、安価な洋装が入ってきただけではなく他の要因があるのではないかという仮説に興味を抱いたことが動機である。

番組の目的は、日本の和装の歴史と現在和装文化が面している困難、そして行政や企業の着物へのインセンティブを高める政策を分かり易く簡潔に知って貰おうというのがこの番組の狙いである。背景の説明としては、日本の伝統的な文化の体制は現在非常に保守的であり、「変化」させることに否定的な傾向があり、和装文化もその例に漏れず、新しい顧客や消費者とのギャップから呉服産業は年々売り上げが減少していることは統計からも明らかである。しかしメディアにおいては「若者の○○離れ」というような文句で、あたかも「若者が着ないのが原因」というような姿勢をとっていることに疑いを持ったため、その原因は果たして「若者」なのかを詳しく研究するとともに、従来の着物産業と新しい消費者の間の円滑な関係を築くための工夫が必要であると考えたため、メディアの宣伝文句の正当性を追求しつつ押し売りにならないような着物への興味を引くような番組の制作をしようと考えたのが背景である。また現在の着物文化普及の妨げになっているのは「着物警察」なる「街中で他人の着物に苦言を呈する」人々も一因であると考えているため、公開する番組において補足的に説明する。

続きを読む 関西学院大学総合政策学部山中速人研究室4年卒業制作その1

2019年2月16日ワンコイン番組 日台友好歴史探訪旅行記 その3

シリーズとなってしまいましたワンコイン番組の連続登場「宮本Crewがいく!日台友好歴史探訪旅行記」その3

日台友好歴史探訪旅行記3
■前回伝えられなかったことから、
欧米列強の侵攻に対抗するため、防衛ラインとして樺太から台湾を設定したことは、前回お話ししましたが、その後、清朝が琉球を日本の国土と認める事件が起こります。

1871年(明治4年)琉球の船が台湾に漂着し、54名が原住民に惨殺される事件が起きました。(牡丹社事件)
副島外務卿は、清に賠償を求めましたが、琉球は清にも日本にも朝貢をしていたので、清は「琉球人は日本人ではないし、台湾は野蛮人の住むところで清と関係ない」と応えました。
ならば、琉球人は日本人と考える西郷従道は、台湾に出兵しても文句はないだろうと、1874年(明治7年)台湾に出兵、イギリスの仲介により清朝は、「台湾出兵は義挙であり、日本人である琉球人が殺されたことは遺憾である」として賠償金50万両を支払いました。これで、琉球は日本となったのです。
西南戦争(明治10年)より前の出来事ですが、この時点で台湾は射程圏に入っていて、日清戦争で勝利した日本が1895年、台湾を得ました。
しかし、そんなことは露とも知らない台湾人は、抵抗します。当然ですね。
実際、当初の台湾統治に大変苦労します。現地部族の風習は、首刈りです。「話せば分かる」と、丸腰で現地に入植した日本人や漢人など、7千人が、被害に遭いました。また、マラリアなどの風土病、衛生面でも困難を極め、後藤新平が台湾長官となってからは、風土病対策、アヘン吸引習慣の暫時解消政策、上下水道の整備等を進めました。
これにより、次第に落ち着いてきた台湾に、八田與一は、1910年台湾総督府の技師となりました。
八田は、上司の浜野弥四郎が進める上下水道事業を通じて、多くのことを学びました。
浜野は、台湾水道の父と呼ばれ、東京や名古屋より先に水道を整備しました。浜野は日本に帰って、神戸市水道課長になって神戸市に水道を引きました。
昔のエリートは、本当に立派で、欧米で最先端の技術を学び、本土より先に台湾で実践しました。
彼らの一人、名前は忘れたのですが、フランスに留学して、あまりにも休まず勉強するのを心配した、大家のマダムが、「少しは休んだら?」と勧めたところ、「私が一日休むと、日本が一日遅れる」と言ったそうです。
今の日本にそんな気概のある人がいるでしょうか
そんなエリート像に加えて、八田與一は、当時、本土の日本人は1等国民、沖縄人は2等国民、台湾人は3等国民といった差別がありましたが、そのようなことにとらわれず、平等に接し、関東大震災で予算の確保が厳しくなったときに、日本人から先に辞めさせたこと。作業員が家族と共に、職務に安心して集中できるよう、社宅や、病院、学校、テニスコートを整備し、それこそ家族同様に接したことが、愛される原因としてあげられ、台湾の教科書にも掲載されています。

そして現代、八田與一像、首切り事件の真相です。八田與一像とお墓です。

続きを読む 2019年2月16日ワンコイン番組 日台友好歴史探訪旅行記 その3

奄美専門チャンネル「南の風」2019年2月の放送

今月の放送は、24回目を迎えた〈奄美ふゆ旅〉(2019.01.21-24)の報告を中心に番組を構成しました。

ゲストに、旅をともにした小説家の高木敏克さん。

①まず高木さんに旅の全体の印象を語ってもらいます。わたし(大橋)は今回沖縄経由で沖永良部島に入ったのですが、高木さんは鹿児島経由でした。20日(日)に小説家・中脇初枝さんの講演を聞くためです。今回の旅は文学紀行の様相を濃くしています。

②21日(月)最初に訪れた沖永良部島では、知名町公民館で、沖永良部島を舞台にした小説『神に守られた島』『神の島のこどもたち』(中脇初枝著)について、わたし、高木氏をふくめた四人で「読書会」を開催したことを報告。戦中、戦後(奄美の日本への復帰運動をふくむ)のエラブ社会の変動をよく記述しているその小説世界を、エラブの側から語り合ったのです。

③22日(火)つづいて訪れた徳之島では、島に住む俳人・亘余世夫さんに島を案内していただき、亀津で句会を開催したのです。俳句をつくるのは初めてという高木さんをふくめて、披講(作品を講評しあうこと)は島の文化を語ることにも言及され、愉しいひとときだったのです。

④23日(水)徳之島から奄美大島に向かう飛行機が故障で欠航となり、急遽、亀徳港から船に乗って奄美大島に向かいます。大島に到着した後、カトリック教会におもむき田端孝之神父に挨拶。その田端神父をまじえて、名瀬で地元新聞記者をまじえて、親睦会をもよおしたのです。

⑤24日(木)旅の最終日、飛行機便の都合で早く帰る高木氏を見送り、わたし詩人の仲川文子さんとランチタイム。奄美で詩について語ることの至福の時間を費やしたのです。

わたしの恒例の〈奄美ふゆ旅〉は人と会う旅です。今回も、一年ぶりに会う各島の友人・知人たちと、親しく語り合いました。しかし24年間の歳月は、島でであうひとの世代交代を実感するに十分なのです。去っていったひとたちの追憶と、追悼文をしたためる立場になってしまっています。

そして、この旅のことも南海日日新聞にまとめていますので、どうぞ読んでください。

★つむぎ随筆(南海日日新聞/2019年2月掲載)

◎語り部としての中脇小説

―大橋愛由等 詩人・出版社代表

ひととひとがつながり、多くの語りと抒情が交わされた。

今回で24回目となる〈奄美ふゆ紀行〉は、奄美の島々をめぐり、人と会い、語り、風土や人情を感受する旅なのである。そして、阪神・淡路大震災がおきた1・17の日に毎年仮死の状態となるわたしは、そこから甦る(黄泉帰る)ための再生に向かう通過儀礼の旅でもあるのだ。

最初に訪れた沖永良部島では、この島の戦中、戦後を舞台にした小説、中脇初枝著『神に守られた島』『神の島のこどもたち』をエラブの人たちと語り合う読書会を知名町公民館で催したのであった。

エラブを描いた小説は一色次郎、干刈あがたといったこの島の血を引く人間が表現した作品はあるが、数は多くない。久しぶりにエラブを舞台にした作品が登場したことになる。 小説といえども、この2書には戦中、戦後のエラブ社会の変動について書かれていることから史実(伝承的事実も含む)を正確に記述することが求められる。わたしが読む限りにおいて、正確に史実を踏まえて表現されていることを評価したい。

通奏低音のように鳴り響く沖縄への米艦船からの艦砲射撃、エラブへの米軍の空襲を逃げ惑いながらも生き抜き、いよいよ次はこの島に米軍が上陸する恐怖におののく毎日。そして島に不時着した特攻機に乗っていた日本兵との会話。

戦後になってからは、大山(知名町)のレーダー基地に駐屯していた米兵と、島民との間にほのぼのとした交流が交わされていた。奄美大島における米軍政府と復帰を希求するシマンチュとのとげとげしい関係とは異次元の世界だった。

この2書から見えてくるものは、〈語り部〉としての中脇作品の立ち位置である。研究書、歴史書では表出されにくい島の人たちの情念が小説という形でリアルに記述・再現され、エラブの歴史を再体験できるテキストとなりうるだろう。

この作家はもともと少年少女を描く巧みさがあり、この2書には何人かの少年少女たちの青春群像がよく表現され、成長物語としても読みうることから、この2書の続編として復帰後にヤマトへの交通や進学が容易になった島の青年たちの動向と情念が表現されるのかどうか注目していきたい。  (神戸市)

シリーズ多様性のある街/長田を考える その3

今回はシリーズ多様性のある街/長田を考える、その3「世界の街角で多様性について考える旅 デュッセルドルフ(ドイツ)で考えた外国人労働者のくらし方」
まずはデュッセルドルフのついての説明。デュッセルドルフの人口は
64万人(2018年推計)外国人住民は14万⑤000人(24%)トルコ人の占める比率は8.8%。非ヨーロッパ系としては最大のコミュニティ。
ドイツの外国人流入はガストアルバイター(国籍を持たない労働者)としてトルコからの労働力としての流入がある。まさに今日本政府が2019年4月から開始しようとしている形態を1950年代に行った。
その結果のドイツ内で起こる問題は、今後の日本の問題でもある。

そこから見えてきたことは
⓵労働力としての外国人の流入ではなく?、共に生きる住民としての受け入れの覚悟はあるか?
⓶国家間の軋轢の影響を受けずに、住民同士は共に生きる市民同士の感覚でその呪縛から自由でいることはできるか?
ぜひいろんなご意見をお待ちしております。

神戸ソーシャルブリッジ FMYY2ヵ月チャレンジ 報告会@新長田勤労市民センター

「神戸をよりよい街に!」との思いで2018年から新たに始まった社会・地域課題に取り組んでいる神戸のNPO・地域団体等と、企業社員・行政職員・ママやシニアなど多彩な人材をつなぐ神戸ソーシャルブリッジ。

2019年2月9日(土)14:00〜18:30新長田勤労市民センター3階で2ヵ月チャレンジの報告会が開催されました。市内でも増加の一途をたどる在住・訪日外国人と共に暮らす。神戸のこれからの多文化共生と国際交流を見据えた現場のリアル!
阪神・淡路大震災後、震災関連情報を多言語で共有するツールとして始まったコミュニティラジオFMわぃわぃの24年に渡る多岐に渡る取り組みを、まっさらの目で解析、分析そして形にしてもらいました。
その報告じっくりとFMYYの「ワンコイン番組で」報告してほしいと考えています。