「FMわぃわぃから」カテゴリーアーカイブ

2019年春よりFMわぃわぃの聞き方が変わります

2019年春よりFMわぃわぃの聞き方が変わります。

毎日昼の12時から夜の8時まで行っていたリアルタイム配信は一旦休止し、今後は主に3つの方法でお届けしていきます。これに伴い、サイマル放送、ListenRadioでの配信は順次休止します。

  • オンデマンド配信
    ホームページでいつでもどこでも好きな番組を選んで聞いていただけます。
  • ポッドキャスト配信
    パソコンやスマートフォンで専用のアプリを使って好きな番組を聞いていただけます。アプリによっては番組配信開始のお知らせが受け取れて便利です。
  • Youtube配信
    動画も利用した番組を生配信でお送りします。ワンコイン番組をはじめ、現在生配信している番組はYoutubeにて引き続き同時間帯に配信します。

この変更は、現在配信に利用しているシステムが2020年でサポートを終了し、以降のシステムについてFMYY側で対応予定が立たないことや 機器が古くなってきていることが大きな要因です。2018年度、今後の配信方法をどのようにするか、Crewメンバーを中心に検討を進めてきましたが、このように決定しました。
今後も引き続き多様な人たちが集い、声を発信していく活動に邁進してまいります。さらに配信方法の変更に伴い、よりわかりやすくよりみなさまに届きやすい発信方法にチャレンジしていきます。ぜひ変わらぬご支援のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

変更の時期

オンデマンド配信、ポッドキャスト配信、Youtube配信は順次開始しています。これにサイマル放送での配信は2019年3月末、ListenRadioでの配信は6月末を持って休止します。

聞き方詳細

オンデマンド配信

このサイト上で、好きな番組を選んで聞いていただくことができます。更新のタイミングや配信期間などは番組ごとに異なります。

ポッドキャスト配信

iTunesやポッドキャスト、Googleポッドキャストなどを使って、パソコンやスマホで聴取いただけます。以下からご登録ください。わぃわぃが配信する番組全ての更新情報が受け取れます。(番組を端末にどのようにダウンロードするかについては、個別の設定によります)

iPhone、iPad、パソコンの方はこちらから。(iPhone、iPadの方はポッドキャスト、パソコンの方はiTunesが必要です)

Androidの方はこちらから。(Googleポッドキャストが必要です)

Youtube配信

このサイト上やYoutubeにて一部番組を視聴いただけます。主に生配信番組がYoutubeを利用する予定です。

シリーズ多様性のある街/長田を考える その4

世界の街角で多様性について考える旅 その4「ホノルル(ハワイ)で考えた。クレオールな生き方」

最初にハワイ諸島の位置。ハワイ諸島のエスニック別の人口構成。すべての民族が多様な配分で住んでいる。白人32.7%、日系22.4%、フィリピン系19.0%、先住ハワイ人8.9%、中国系6.3%、コリア系2.6%、アフリカ系2.4%、サモア系1.8%。
文化も様々に交じり合い、それぞれを分かち合い、インターマリッジ(ハワイの中でのいろんな人々との姻戚関係)の繰り返しで属性が多様。ハワイの歴史から考える。古代ハワイ(海洋民族の航行・ポリネシアの島々との交流)→キャプテンクックの来訪→当時のカメハメハ王政→キリスト教の伝来→王政から共和制へ→観光産業、移民の流入→アメリカの州となる→ポスト・コロニアル
上記のような歴史の中で、今のハワイにはアイデンティティを2つ以上持つ子どもたちが増加。それはどちらでもない、ひとつに固執しない文化、民族性を持つ人々が増加してきている。新たな地球的。多様な中心をもつ人々が生きる世界の存在。これからの時代の多様性のあり方が見える。

シリーズ多様性のある街/長田を考える その3

今回はシリーズ多様性のある街/長田を考える、その3「世界の街角で多様性について考える旅 デュッセルドルフ(ドイツ)で考えた外国人労働者のくらし方」
まずはデュッセルドルフのついての説明。デュッセルドルフの人口は
64万人(2018年推計)外国人住民は14万⑤000人(24%)トルコ人の占める比率は8.8%。非ヨーロッパ系としては最大のコミュニティ。
ドイツの外国人流入はガストアルバイター(国籍を持たない労働者)としてトルコからの労働力としての流入がある。まさに今日本政府が2019年4月から開始しようとしている形態を1950年代に行った。
その結果のドイツ内で起こる問題は、今後の日本の問題でもある。

そこから見えてきたことは
⓵労働力としての外国人の流入ではなく?、共に生きる住民としての受け入れの覚悟はあるか?
⓶国家間の軋轢の影響を受けずに、住民同士は共に生きる市民同士の感覚でその呪縛から自由でいることはできるか?
ぜひいろんなご意見をお待ちしております。

神戸ソーシャルブリッジ FMYY2ヵ月チャレンジ 報告会@新長田勤労市民センター

「神戸をよりよい街に!」との思いで2018年から新たに始まった社会・地域課題に取り組んでいる神戸のNPO・地域団体等と、企業社員・行政職員・ママやシニアなど多彩な人材をつなぐ神戸ソーシャルブリッジ。

2019年2月9日(土)14:00〜18:30新長田勤労市民センター3階で2ヵ月チャレンジの報告会が開催されました。市内でも増加の一途をたどる在住・訪日外国人と共に暮らす。神戸のこれからの多文化共生と国際交流を見据えた現場のリアル!
阪神・淡路大震災後、震災関連情報を多言語で共有するツールとして始まったコミュニティラジオFMわぃわぃの24年に渡る多岐に渡る取り組みを、まっさらの目で解析、分析そして形にしてもらいました。
その報告じっくりとFMYYの「ワンコイン番組で」報告してほしいと考えています。

シリーズ多様性のある街/長田を考える その2

シリーズでお送りする「多様性のある街/長田を考える」世界の街角で多様性について考える旅その2はトルコ・イスタンブルでのお話 イスタンブル(トルコ)で考えた異教徒と暮らす知恵

司会進行はFMYY金千秋、語り手は関西学院大学総合政策学部山中速人教授。
2016年7月から130回お送りしてきた「長田今昔物語~千夜一夜」の大きなくくりとして、長田を世界の様々な多様性を培ってきた街の歴史と変遷から考える旅の2回目です。

今回は、トルコ・イスタンブルでの視点でお届けします。その街の地理的なアジアとヨーロッパとそして中東とも繋ぐ位置、そこから生まれた街の歴史から始まります。

意外なことにオスマン帝国時代の異教徒同士が帝国の中で共存していたという事実。この有名なアヤソフィアはジャーミー(イスラムの寺院)でありながら、キリスト教の教会建物自体を破壊することなく、自分たちのものとして活用する。。。という共生のあり方を持っていた。しかしながら、トルコ人の国となるトルコ共和国においては、イスラムへの回帰が見られる。そんななか街の人々のファッションの中から、生き抜いていくしたたかなあり方も模索した。

●近代民主主義の社会の中だけで、多文化共生を語ることの危うさ。
●国民国家の中にこそ、ナショナリズムが強く打ち出される。(美しい自国・素晴らしいわが民族‼的な考え方)
●民族への共感。。。そこに頼らない統合・共存の道
●人類愛?信徒愛?民族愛?愛国心?愛郷心?愛社精神?共食共同体愛?家族愛?街への愛??????
●信頼(理性)と相互不信(感情)の葛藤を越えるには、何が必要なのだろうか???