「YY音源ライブラリ」カテゴリーアーカイブ

第29回 街ブラ~人と街とくらしを探る

今年で3年目を迎えた、兵庫区のこどもフェスタは、この夏初めて夜にも開催されました。
その名も、「兵庫駅前こどもフェスタ夜市」!

先月は、あの台風19号が最も接近するとの予報のため、放送が中止となりました。
ゲストとしてご予定下さっていました 桑原則子さんがスケジュール調整の上、今月念願のご登場くださいました❣

FMYYスタジオでの収録風景

桑原則子さんは、アートセラピストであり、大阪府茨木市で「アトリエはらっぱ」を主催されています。
アートを軸に、人を元気づける!癒す!を目的に活動。
子供向けの自由創作アート教室・大人の絵画教室や絵手紙教室。
悩みを抱えている方には、アートを使ったカウンセリング(アートセラピー)・アートセラピーを取り入れた子育て講座もされています。

ご自身の経験を生かして、絵画療法から心理学を学ばれ、アートセラピーは多くの人の役に立てるのではと考えられ、この活動を始めたそうです。

続きを読む 第29回 街ブラ~人と街とくらしを探る

2019年11月9日「ワンコイン番組」龍谷大のゼミ生が参加。

本日は9月にも長田でのまち歩きをした龍谷大学松浦ゼミの6人が参加しました。

YouTubeの映像はただいま編集中。しばらく掲載はお待ちください。

飯田健太郎、石黒裕基、李欣桐、徳田修也、榎本隆宏、才木貴裕、の6人。

←左の写真松浦さと子先生
FMYYは上澤CREW、高松crew、金千秋。そしていつものように立命館大学の松本彩。
YouTubeは(現在限定公開のみ)少し編集してから掲載しますのでしばらくお待ちください。

2019年11月AWEPあんしんつうしん「罹災証明」と「こんばんわⅡ」その2

2019年11月のAWEPあんしんつうしんは、台風19号の被災地に住む日本語話者でない方々のために「やさしい日本語」と「タガログ語」で罹災証明について紹介します。

そして後半は10月に引き続き、夜間中学についてのドキュメンタリー映画「こんばんわⅡ」のパネラーの声、その2をお送りします。

Tháng 11 năm 2019 “Siêu bão số 19 và Bản đồ xác suất thiên tai” / 2019年11月「台風19号とハザードマップ」

「住みやすい日本を創るための情報発信番組」
HÃY AN NHIÊN MÀ SỐNG
2019年11月「台風19号とハザードマップ」
Tháng 11 năm 2019 “Siêu bão số 19 và Bản đồ xác suất thiên tai”

皆さんこんにちは。ベトナム夢KOBEのVu Thi Thu Thuyと林貴哉が、今月も引き続き、日本に暮らすベトナム人の役に立つ情報をお伝えします。10月の放送では、「防災気象情報と警戒レベル」についてお伝えしました。今月の番組では、2019年10月12日に日本に到来した台風19号の被害を踏まえて、ハザードマップについて紹介します。Youtubeでは、長田区のハザードマップや地域の写真と共にお伝えしています。

Xin chào Quý vị và các bạn. Thủy và Takaya của Việt Nam yêu mến Kobe xin được tiếp tục đồng hành cùng Quý vị và các bạn trong chương trình ngày hôm nay. Trong số phát sóng vào tháng 10, chúng ta đã cùng nhau nói về Thông tin thời tiết phòng chống thiên tai và các mức độ cảnh báo. Trong chương trình tháng này, chúng tôi sẽ truyền tải những thông tin liên quan đến những thiệt hại do siêu bão ngày 12/10/2019 gây ra đồng thời giới thiệu về Bản đồ xác suất thiên tai. Nếu như các bạn theo dõi chương trình qua Youtube thì sẽ hiểu rõ hơn về hình ảnh và bản đồ xác suất thiên tai của quận Nagata.

続きを読む Tháng 11 năm 2019 “Siêu bão số 19 và Bản đồ xác suất thiên tai” / 2019年11月「台風19号とハザードマップ」

2019年10月29日「コミュニティAD」シャプラニール・ネパールプロジェクト

2019年10月29日火曜日特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会のネパールプロジェクト「住民と行政による洪水に強いコミュニティづくり」についてご紹介いただきました。


左の写真はネパール南部チトワン郡マディ地域の河岸工事 洪水から地域を守るためのものです。そしてシャプラニールの価値観、以下に上げる5つの指針にそって、この防災の知識は地域に返していく、地域の人々が踏襲していくために地元の人々と共有の活動をネパール事務所が行っています。

シャプラニールの5つに価値観
①援助しない
②自らの解決を促す
③みんなで考える
④現場から学ぶ
⑤誰も取り残さない

左は移譲している写真です。そして驚いたことに、ネパール事務所にキルさんは、スタジオのAMARCの写真や旗を見て、「AMARC/APの事務局長スマンさんと友人だ」とおっしゃいました!!

私たちの仲間との繋がりに世界は遠いようで近いと又また実感した次第です。

2019年10月26日「ゆうかりに乾杯」第150回

2019年10月26日
FMYYの番組「第150回ゆうかりに乾杯」のゲストは、公益社団法人 日本警察犬協会 公認訓練所 ドッグサポート ランティス代表の大畑嘉子さんでした。

この番組はFMYYのyoutubeチャンネルでライブ配信されました。

大畑さんは、元々犬は好きでなかったが、息子さんが生後間もないシェパード犬をもらうことになったことがきっかけで世話をするようになりました。
その犬は7か月で40㎏に成長し、訓練してもらう必要があり、大畑さんが訓練士になるきっかけになった2度目の女性訓練士は、犬を叱らずご褒美をあげたりして、良い状態に持って行って育てる方法であったので、これなら小柄な自分でも出来ると思われたたそうです。
その訓練士は大型犬5頭がうなり声を出しても、訓練士がかわいい声で「いけない」と言うと静かになるのが恰好よく思えたそうです。
そして訓練で飼い犬がどんどん上達することが喜びになり、警察犬訓練士の道を目指されました。大畑さんの訓練の様子を見た警察犬協会の幹部から是非プロになるよう言われ資格を取得されました。
警察犬には、警察官が扱う直轄警察犬と、個人所有の犬をその都度警察犬として扱う嘱託警察犬があります。
訓練内容としては、「服従訓練」「警戒訓練」「臭気選別訓練」「足跡追及訓練」などです。
警察犬の判別結果が元で冤罪が絶対生まれることのないよう、訓練は徹底して行われます。
嘱託警察犬の資格は訓練士と犬が一体として与えられ、毎年更新が必要です。
大畑さんは、警察犬訓練士の他男女協同参画推進員の活動もされています。参加者で構成するグループの研究発表では優秀グループに選ばれ、その後一般公開のセミナー「地域で活躍する女性リーダーを増やそう!!」が開催され、大畑さんグループの朗読劇が紹介されました。
大畑さんのお話は、犬の行動、特性、扱い方に関するエピソードがたくさん含まれており、とても楽しそうに話していただけたので、思わず引き込まれてしまいました。
警察犬についてそして家庭で犬を飼われている方々にとても役立つ内容が沢山含まれているので、音声やyoutube動画を楽しんでいただければと思います。
放送音声及び文書化した放送概要は、近日中に「ゆうかりに乾杯!」の下記URLで、ご覧いただけます。
http://yukari-ni-kanpai.sakura.ne.jp/
FMわぃわぃのホームページ、ポッドキャストでもご視聴いただけます。