staff のすべての投稿

「長田今昔ものがたり」第108話

第108話 日本最初のサナトリウム(結核療養専門の須磨浦療病院)2018年8月4日放送

須磨は空気がきれいで保養地としても有名でした。明治・大正・昭和初期には結核療養病院が3ヶ所もありました。一つは1889年にできた「(現)須磨浦病院」。鶴崎兵三郎先生の創設で、初代院長でもあり、村人は無料でした。もう一つは、転地して保養する機能と旅館が兼営されている「須磨浦保養院」で、正岡子規や高浜虚子も来ています。三つ目は、「敷島紡績結核保養所」で、一の谷にありました。井上さんは、桃などの果樹園が併設され、療養の人が手伝っていたことを、子どものころの思い出としてお持ちです。海岸線には、別荘や結核療養の場所がありましたが、どうも、下町の大人も子どもにも無縁でした。


108話 須磨浦病院、鶴崎邸


須磨浦療病院内の散歩遊園(須磨神戸市編入50周年発行「須磨」より)


須磨保養院(「須磨の近代史:明治・大正・昭和史話」より)

※ 須磨区役所まちづくり推進課と神戸新聞総合出版センターの了解を得て掲載

第24回 ラジオママネット〜サタデーカフェテラス

『第24回 サタデーカフェテラス』8月4日土曜日放送。

今回のゲストは、特別養護老人ホーム山手さくら苑、施設長の安東武博さんです。老人ホームの一階で、今年一月から、こども食堂「さくらCafé」を主催されています。地域の子供たちを地域の福祉力によって、地域で見守り、育てることを目指して活動されています。また、入居されているお年寄りの方々との世代間交流も行われているそうです。

こども食堂「さくらCafé」は今年1月15日にオープン、毎週水曜日に実施されています。近隣の小学生を対象に、神戸親和女子大学・山手大学の先生や学生さんを中心とした学習支援を行い、さらに山の手・下山手・諏訪山ふれあいのまちづくり協議会のボランティアの方々のご協力もあり、食事も提供されています。

「マスコミの影響もあり、こども食堂=貧困のイメージが強く、遠慮されるご家庭もあるようですが、広く孤食を防ぐため、子どもたちが安心して過ごせる場として、地域の方々と協力して運営していきたいです。」と、安東さんは強調されていました。

たくさんの大人が子どもたちの個性を理解して、温かく見守ってくれていることが、子どもたちに伝わっているからこそ、親御さんも子どもたちも、また行かせたい行きたい場所として、さくらCaféが毎回人気なのでしょう。

特別養護老人ホーム山手さくら苑、こども食堂『さくらCafé』は、毎週水曜日17:30~19:30、参加費100円。
同じグループの、特別養護老人ホーム塩屋さくら苑、こども食堂『さくらのいえ』は、毎週火曜日17:00~19:00、参加費100円。

お問合せ・お申込みは、http://kobechuofukusikai.net をご覧ください。
お盆とお正月以外は、ずっと開催されています。

また、次回も素敵なゲストをお迎えします。

「長田今昔ものがたり」第107話

107話 池田村の歴史を読む 2018年7月28日放送

わだかんの住む東尻池、となりの西尻池、神社のある長田村、そしてその西の池田村は四カ村(しかそん)と言って共有地(入会地)を持ち、江戸時代から仲良しでした。この中の池田村では、中西政太郎さんの編集で「池田村誌」が1988年に発行されています。弥生時代の昔より兵庫の開港と都会化の話まで、資料も地図も豊富です。1868年1月、「神戸事件」と言って、三宮神社前でおこった備前藩士とフランス兵など異国勢との紛争は、あわや「神戸占領」とまで発展しかねない一大事でした。備前藩は、西国街道を西へ、池田村の「妙楽寺」まで逃げ、本陣としたそうです。この「池田村誌」は図書館や文書館に置いてあります。


107話 妙楽寺(池田)

7月のママトーーク、テーマは「離乳食」

子どもにとって初めて口にする食べ物「離乳食」、書籍やインターネットなど沢山の情報が溢れ、さらにおばあちゃんや先輩ママたちからもいっぱいアドバイスをもらえるのだけど……

でも……「いったい何が正しいのー??」

時代によって変化する食の常識について、離乳食作り真っ最中のママ、先輩ママ、ママ離乳食アドバイザーの3人ががそれぞれの視点で自由におしゃべりした30分になりました。

今の離乳食と少し前の「離乳食の常識」との違いや、「こんな時にはどうするの?」なんて話しは、ママだけでなく子どもが近くにいる人なら、聞いておくと「いざ!」というとき役に立つかも??

FMわいわいのYouTube ホームページからは24時間いつでも
お聴きいただけます。

「長田今昔ものがたり」第106話

第106話 海の日、山の日、高取山で手紙を出す 2018年7月21日放送

西神戸の長田は海と山にめぐまれています。長田港(駒ヶ林)もいいです。海の方から山の方をみますと、「高取山」が美しく見えます。独立の山ですから、船で航行する人にはいい目印だったことでしょう。高取山頂上には高取神社があります。昨年11月に、ここに「心のポスト」が設置されました。保護司仲間の小西清次さんの発案です。誰にもみられない手紙、このポストにそっと入れて、「思い」を届けます。ときに、神主さんの立ち合いのもと、「お焚きあげ」で燃やすそうです。高取山ではたくさんの「信仰の印」も発見できます。山で、「体を鍛える」のと同時に、パワースポットのように「こころをいやす」場所でもあります。


106話 高取山からの展望

「長田今昔ものがたり」第105話

第105話 北向八幡宮と那須神社、那須与一墓所(閑話休題) 2018年7月14日放送

板宿は商店街界隈がにぎやかです。妙法寺川に沿って、三木街道とよばれた細い道路を北上しますと、八幡神社や那須神社があります。弓の名人、那須与一(なすのよいち)をお祀りし、墓所も残っています。よいちさんは、信心すれば老いても「しもの世話にはならない」との言い伝えがあって、命日の7日にお参りする方が多いです。八幡神社の本殿前にある小さな祠の中には、南北朝の笠塔婆が祀られ、再調査して神戸市文化財に指定されました。北へゆけば妙法寺、与一さんの墓所がここにもあり、須磨と与一さんの関係は研究テーマのひとつです。


105話 須磨・妙法寺の那須与一の墓所