投稿

No. 285(そうだん)Apr. 25, 2019

English follows,

4がつになりました。あたらしい せいかつ、がっこうや しごとが はじまる ひとが います。「外国人 相談窓口(がいこくじん そうだんまどぐち)」が こうべし ちゅうおうくやくしょ に できました。2F市民課(しみんか)。げつようび~きんようび、9じ~17じ。「よやく」は いりません。Tel 078-242-0033

http://www.city.kobe.lg.jp/ward/kuyakusho/chuou/

①“ごみ”の だしかた や、地震(じしん)、台風(たいふう)のときに あんしんして すごせる ところ を おしえます。②やくしょに だす 保険(ほけん)や 年金(ねんきん)の ことを おしえます。③在留許可(ざいりゅう きょか)などを そうだんできる ところを おしえます。えいご、ちゅうごくご で そうだん できます。ほかの くにの ことばも 「テレビ電話(てれびでんわ)」で つうやく できます。

ちゅうおうくは 10%が がいこくじんです。110のくにの ひとが くらしています。

In April, many people start new schools, jobs and lives in Japan. A new consultation counter for foreign residents has been opened in the Kobe Chuo Ward Office on the second floor (Citizen Service Department), Mon-Fri from 9:00 to 17:00. No reservation required. Call 078-242-0033 for inquiries.

You can ① get practical information such as city rules on garbage collection and learn how to seek help in times of earthquakes and typhoons; ② you can learn about health insurance and pension policies which are mandatory for all residents including foreigners; and ③ you can consult about legal issues such as a resident permit. English or Chinese interpreters are available. For other languages, interpreters may be available via videophone.

10 % of the Chuo Ward population are foreigners of 110 different nationalities!

See http://www.city.kobe.lg.jp/ward/kuyakusho/chuou/