「FMわぃわぃ番組情報」カテゴリーアーカイブ

10月FMわぃわぃステーションメッセージ「日本国憲法を読む」は『格差、貧困と戦争願望』。

「日本国憲法を読む」は『格差、貧困と戦争願望』

日本国憲法第25条で定められている生存権から照らした現在の若者の労働状況について、また、そこからつながる9条を軸にした憲法改正の動きについて、就職氷河期世代あるいはロストジェネレーションと呼ばれる世代に属する4人が話し合います。

司会進行 村上桂太郎
ゲスト出演 石川雅也、北田了介、下田隆清

放送スケジュール
2007年10月21日(日) 午後3時~
     10月24日(水)午後9時~
    

ステキな二人組み登場!神戸ユニバーサルツーリズムのご紹介♪

相良先生と糟谷先生

12時からの「KOBEながたスクランブル」のゲストは、神戸芸術工科大学の相良二朗さんと神戸学院大学の糟谷佐紀さんです。お二人は、日本福祉のまちづくり学会関西支部のメンバーです。というより相良先生はこの学会の立ち上げの主軸、関西支部の副支部長、そして糟谷先生は幹司でいらっしゃいます。今回は日本福祉のまちづくり学会関西支部の第29回関西セミナーのご紹介にお出でいただきました。
このセミナーは10月13日ポートアイランドで開催です。神戸ユニバーサルツーリズムということを中心に、障害がなかろうがあろうが、「行きたいところに行く自由」「見たいものを見に行く自由」「安心して旅の醍醐味を味わう自由」。。。。をいろんな観点から体感・実感そして確信へと導くイベントです。  

続きを読む ステキな二人組み登場!神戸ユニバーサルツーリズムのご紹介♪

本日だいち小学校からミニトライアルのみなさんご来所!

神戸市では中学生たちが、トライやるウィークという職業体験を行っています。これは地域の人間にとって、中学生たちをいつまでも「子どもだ、、子どもだ、、」という子ども扱いをせず、社会の一員をなす大きな力を発揮する人材として見る機会とする。そして中学生たちには、自分がすでに社会の中で仕事をする人材でもあるという「気づき」を持ってもらうというもの。月曜日から金曜日までみっちり地域の様々なところで仕事をする体験型の学習プログラムです。

続きを読む 本日だいち小学校からミニトライアルのみなさんご来所!

ラジオと情報紙でユニバーサルなまちづくり−WING KOBE−

WINGKOBEのメンバー

毎週火曜日14時から放送の「ふれてあれこれアイ・トゥ・アイズ」の中に「声のトゥモロー」というコーナーがあるのをご存知ですか? 障がいを持つ人やお年寄りに安心して神戸観光を楽しんでもらえるようなユーニバーサル旅行のコンシェルジェ団体「WING KOBE」の坂田暢子さん、石山沙貴子さん、芝田真生さんの3人が毎回、ユニバーサルな視点からのまちづくりについて語るコーナーです。スタートしてまもなく9年になりますが、10月からは鞍本紗綾さんが復帰しメンバー4人でお届けしていきます。

また「WING KOBE」はユニバーサルライフ情報誌「びと」を25日に発刊しました。びとは月刊で朝日新聞販売所(神戸朝日会)を通じて神戸、明石、三田、三木の地域の朝刊の折り込まれて配布されます。発行部数はなんと15万部。スタッフの坂田さんは「紙の媒体と音の媒体のそれぞれの特性を生かして、より多くの人にユニバーサルを伝えていきたい」と話しています。

広告、紙面についてのお問い合わせは
「びと編集室」
〒653-0842 神戸市長田区水笠通4-1-12
電話/Fax 078-621-7707
http://wing-kobe.org

スタッフ夏の旅行は信州南木曽!!とれとれ情報放送中♪

FMYYスタジオ木曜日の生放送風景

本日の「まちはイキイキきらめきタイム」は担当スタッフが訪れた≪信州南木曽のお話≫
信州南木曽はいわずと知れた神戸震災の時からの長いお付き合い!地域一面の大火事になった長田のまちに、すぐさま大量の信州の木材を届けてくださった方々。そこから始まった地域と地域のつながりは、時間の数だけ長さだけ、太く濃いものになっています。
そして実際にいろんな人々が行ったりきたり、、顔を合わせ繋がることで新たなものが広がってゆくのです。

この南木曽とのつながりは神田神父のブログで詳細に見ることができます。
そしてこの南木曽で見つけたという♪とってもおしゃれなおみあげ♪をいただきました。詳しくは続きをクリック

続きを読む スタッフ夏の旅行は信州南木曽!!とれとれ情報放送中♪

KOBEながたスクランブル9月1日のお客様

番組ゲスト金盛美和さん

9月1日土曜日12:00~13:55「KOBEながたスクランブル」番組ゲストは、金盛美和さん。
兵庫県国際交流協会{HIA}が行っている「多文化共生社会の実現」をめざす様々な事業の一環、1991年から行っている兵庫県とフランスのセーヌ・エ・マルヌ県の友好交流事業、セーヌ・エ・マルヌ県との人物交流の今年度選出された方が、この方です。
フランス語能力、日本語教師としての高い資質、日本のことをお伝えたいというアツい思いがあった、、、というのが選出のもちろん一番の大きな理由ではあります。しかし私が今回お招きした一番の着目点は、そういう日本文化を体現するものとしてフランスに赴く金盛さんが在日コリアン3世であるというというところです。そういう彼女であるということも加味されて兵庫県国際交流協会が選ばれた!!というところにこの地域に住むものとして大きな喜びを感じます。(もちろん厳選な関門があり在日だから選んだということではありません)日本に住む在日だから見える日本文化の妙味、そして朝鮮半島との類似と相違、また金盛さん自身がフランスで日本について語ることにより、より自分の中の日本・朝鮮ということを見つめる機会になると思います。この辺のところは、HIAの福井課長にもお聞きしていますので、じっくりお楽しみください。

続きを読む KOBEながたスクランブル9月1日のお客様