神戸長田の多文化・多言語コミュニティ放送局│FMわぃわぃ | 神戸市長田区から世界の言語で放送しています。 | ページ 319

夜の7時からの「世界の音楽」スペイン語バーションに新しいスタッフ登場!

2010年6月16日水曜日からは夜8時からの「SalsaLatina」の番組の前の世界の音楽スペイン語バージョンに新しいスタッフが登場!毎週水曜日夜7時からは9時までスペイン語の世界をお楽しみいただけます。

「Oye!ムシカ Latina」ってどんな番組?
・Programa sobre música latina
ラテン音楽についての番組
・Música actual, últimos temas y últimos movimientos musicales
ラテンの世界の最新の動き、イベントと音楽ニュースを届けます
・Dar a conocer la cultura musical de cada país hispano
ラテン界のジャンル、アーティストのお勧めと紹介
・Estrechar los lazos entre japoneses y latinos
日本とラテンの世界の距離を縮めること!
・Difusión del español
スペイン語という言葉を日本人の心に響かせること
Dj Pepeluってだれ?
バルセロナ(スペイン)出身。来日して今年3年目です。ラジオとコミュニケーション、音楽が趣味です。
現在は ECCでスペイン語講師の他に、個人レッスンでもスペイン語・日本語講師、心理学カウンセラー、日英西翻訳・通訳をやっています!これからも活動の範囲を広めたいと思います。人生の哲学と人の話を聴くのが大好きです。
よろしく a todos!

関西学院大学山中ゼミの学生が、まちづくりという目線から新長田のまちを見つめなおす。

関西学院大学第4回目放送の学生たち

2010年6月15日火曜日の13時からの関西学院大学総合政策学部山中速人研究室の実験番組、耳をすませてリスニングトゲザーは、5月25日からJR新長田駅南のまちの活性化についてお伝えしています。本日は第4回目、タイトルは「新長田のまちづくり」です。
担当は玉井和佐、鶴山亜裕美、磯江玄、稲熊宏紀、角野智昭、喜多恵里奈です。
この番組は周波数77.8メガヘルツ、そしてインターネット放送はサイマルラジオで、またポッドキャスティングでいつでも関西学院大学のサイトでお聞きになることができます。

6月14日(月)まちはイキイキきらめきタイム

月曜日のゲスト

(写真はKobe Groove Cradleから、ゲストの吉川寛子さん(左)、柴田映里さん(右))
6月14日(月)まちはイキイキきらめきタイム
ゲストは、今回もNPO法人Kobe Groove Cradleから企画・運営スタッフの吉川寛子(よしかわ ひろこ)さんと、柴田映里(しばた  えり)さん。お二人とも、関西学院大学の3回生です。

Kobe Groove Cradleでは、定例の火曜夜、三宮での大学生向けセミナー(「授業」)を運営する以外にも、夏の合宿の企画も進めていたり、最近は、母校の啓明学院高等学校に働きかけて、土曜日に交替で高校生向けのキャリアプランニングの授業を教えているそうです。

年齢の近い先輩たちの意見は、きっと高校生にとって参考になり、励みになるでしょうし、先生方も、卒業生の成長ぶりを目の当たりにしてさぞ嬉しく思っておられることでしょう。

日々、小さなことであっても、楽しみや喜びを見つけたり、学校外の活動で出会う、さまざまな人たちから刺激を受け、情報や感動を共有し、やりたいことがいっぱいあるだけにいきいきしている柴田さんと吉川さん。
さすが一緒に、真剣な活動をしているだけあって、話すことを分担しあう気遣いをしながらも、時には受け答えのタイミングが重なったりする息もぴったりの様子に、こちらも心なごむお二人でした。
★Kobe Groove Cradleの活動詳細は、 吉川さん、柴田さんのお友だちでありKGC副理事長、寺岡重人さんのブログ(←クリック)をご参照ください。

続きを読む 6月14日(月)まちはイキイキきらめきタイム

神戸華僑歴史博物館チャリティーコンサートのご紹介!

中国番組のゲスト

(写真は左から謝、馬、ゲストの鄭さんと王さん)2010年6月14日夜8時から9時までの中国語番組「華声」は、馬浪と謝沛睿が担当します。今回は神戸華僑歴史博物館のチャリテーコンサート「明天会更好」について王文美さんと鄭龍超さんに来ていただきました。明天会更好
「明天会更好」
6月19日土曜日午後5時開演
場所は兵庫県民会館ホール(神戸市中央区下山手通4-16-3JR線、阪神線元町駅東口より徒歩7分、地下鉄県庁前駅「東1」又は「東2」出口すぐ)
連絡先 tel:078-321-2131 
入場 一枚2,000円(全席自由)

今月はアトピーの治療に関して二人の皮膚科医をお招きし、患者が考える「治る」医者の考える「治す」の大きな違いを考えます。

清水医と玉置医、そして高山患者会代表

2010年6月の「アトピーのリズム」は今まで1年お付き合いいただいた玉置医師のほかに清水医師も参加して、患者の考える「アトピーが治る」と医者が考える「アトピーを治す」の違いを語り合います。この番組は周波数77.8メガヘルツの地上波、そしてインターネット放送サイマルラジオで同時放送されると共に、アトピー的自由計画のサイトではポッドキャスティングとしていつでもお聞きになることができます。
来月7月の放送は、再びお二人の医師をお招きして「患者の思い」を語る予定です。

レックサロン(たかとりに集う地域の多様な文化背景をもつ子ども達の居場所)でのBBQパーティ

レックサロン子ども達昼ごはん

2010年6月12日土曜日カトリックたかとり教会内の中庭では、バーベキューの用意が、レックサロンのスタッフと子ども達の手で設営されていました。これは食レックというプロジェクトの一環として行われました。一旦設営が終わり、お昼ごはんは長田ならではの「そば飯」。この昼ごはんは、昼の14時からの番組「すたあと長田のサタデーエクスプレス」のパーソナリティ金田真須美さんが、調理指導として参加しました。お味は中々なものであったようです。
食レックチラシ**食レックとは多文化な背景をもつ子ども達を対象とした食育プロジェクト。生活の基本=食を見つめることで豊かに生きる力を身につけてゆきます。

神戸市長田区から世界の言語で放送しています。