神戸長田の多文化・多言語コミュニティ放送局│FMわぃわぃ | 神戸市長田区から世界の言語で放送しています。 | ページ 319

2009年度第8回番組審議会報告

2010年3月23日(火)17:30~18:30 FMわぃわぃ会議室において、2009度第8回番組審議委員会を開催いたしました。
出席委員は、山本幸男委員長、萩尾利雄委員、高木邦子委員、木辻清子委員、為岡務委員、平川愛恵委員
欠席委員は、正岡健二委員、西修委員
放送従事者側は、金千秋、平野由美子
第8回審議番組は、「週刊それいけ!ながた」
2010年3月2日(火)12:30~12:48放送
提供は、長田ボランティアセンター
出演者は、長谷部治(神戸市長田区社会福祉協議会 主事)、金千秋(火曜日まちイキ メインパーソナリティ)
毎週火曜日12:00~13:30放送「まちはイキイキきらめきタイム」の中の15分程度のコーナー。
このコーナーは、長田区社協での活動等、長谷部さんのご経験に基くことをテーマにしたトークコーナーです。
この回は、東京都の都立高等学校で実施されている必修教科として奉仕活動を学ぶという取り組みに関して研修会にご出席なさったお話がテーマとなっています。
長谷部さんと金千秋さんの息のあったトークはとても好評でした。
2010年度の審議会はこれで終了となりました。
審議委員の皆様、お疲れ様でした。
来年度もよろしくお願い申し上げます。

3月23日の審議

ボートピープルで来たベトナム人、日本生まれのベトナム人高校生と今小学生の小学生時代。

トンリンとゲストの3人

トンリンとゲストの3人2010年3月28日日曜日3時から4時までのボートピープルとして日本に到着、今や日本の企業で戦力として働く4人のベトナム人ユースの4人の若者からの発信番組。
今回は、ゲストに2人の同世代の日本人青年、現役ベトナム人高校生、そして小学校三年生のベトナム人少女を迎えて話します。
それぞれの世代で感じる差別感、それは年代を越えて小学校時代ということがわかりました。
子どもが過ごす時間、そこに大きな問題があるということを伝えます。

3月27日のSOUND WAVESは特別番組〜「震災15年、多文化共生のまちづくりを世界に伝える会」 主催の座談会をテーマに語る〜

3つのコミュニティぼ座談会

2010年3月27日土曜日20時から21時までの英語の番組「SOUNDOWAVES」は、特別番組として、外国人コミュニティの現状と存在意義や課題をテーマにした座談会(3月24日開催)についてのトーク番組を世界に発信いたしました。この番組は、「ミックスルーツ関西」代表/須本エドワードが担当し、有識者として「震災15年、多文化共生のまちづくりを世界に伝える会」の代表でもある関西学院大学総合政策学部の山中速人教授が出演しました。番組はオンデマンドでここからお聴きいただけます。
*****
“Sound Waves” on March 27th – Special Program featuring the round-table discussion convened by the group “15 years from the Earthquake – The Group for Disseminating Multicultural Community Development to the World”

The English language program “Sound Waves” on March 27th, 2010, broadcast to the world between 8 and 9pm was a special edition featuring the discussion held at a round-table on March 24th on the
theme of the current status of foreigner communities, the aim and necessity of the existence of such communities and issues facing them.
This program was hosted by the Director of “Mixed Roots Kansai”,Edward Sumoto and featured Professor Yamanaka Hayato of the General Policy Studies Department at Kwansei Gakuin University as a commentator.The recording of the program can be accessed on demand from the link below.
*****
座談会は2010年3月24日水曜日に、外国人コミュニティのリーダー3名、NPO法人「関西ブラジル人コミュニティCBK」理事長/松原マリナさん、「NGOベトナムin Kobe」 代表/ハ・ティ・タン・ガさん、「ひょうごラテンコミュニティ」の代表/大城ロクサナさん と、コメンテーターとして、市民団体の中間支援組織、「市民活動センター神戸」事務局長/実吉威さん、司会進行に「多文化共生社会と外国人コミュニティの力」の著者であり、「多言語センターFACIL」理事長の吉富志津代さんにより「震災15年、多文化共生のまちづくりを世界に伝える会」主催で開催されたものです。
*****
The March 24th round-table included three foreigner community leaders: Ms.Marina Matsubara the Director of “the Comunidade Brasileira de Kansai(CBK)“,Ms.Ha Tin Tang Ga the Chief Representative of “NGO Vietnam in Kobe“, and Ms.Roxanna Oshiro the Chief Reprsentative of “the Comunidad Latino de Hyogo“.
We also welcomed Mr.Jitsuyoshi Takeshi, the Coordinator of “the Citizen Activities Center Kobe“, an intermediate support group for citizen
associations, as commentator. The round-table was facilitated by the author of the book “Multiculrual Symbiotic Society and Power of Foreign Residents” and the Director of “Multilingual Center FACIL” Ms.Shizuyo Yoshitomi. This round-table was convened by the group “15 years from the Earthquake – The Group for Disseminating Multicultural Community Development to the World”

続きを読む 3月27日のSOUND WAVESは特別番組〜「震災15年、多文化共生のまちづくりを世界に伝える会」 主催の座談会をテーマに語る〜

安重根殉国100年目、人間の評価も国が変われば大きく変わる。

韓国民族芸術団「クンドゥル」

まちはイキイキきらめきタイム 2010,3,25 木曜号(写真は、韓国民族芸術団「クンドゥル」マダン劇のフィナーレ)
担当:ユミタンこと平野由美子、こころ美人のパク・ミョンヂャ(朴明子)。あっちゃんはお休み。
ゲスト:チョン・ヨンスク(鄭英淑)さん。
<オープニングトーク>
今年の3月26日は、安重根が伊藤博文を殺害した罪で刑を受け殉国して100年目。朝鮮半島では安重根は救国を願った英雄として崇められているから、関連行事が数多く行われる。この安重根の志に感銘を受けた日本人男性が韓国まで徒歩で行った。昨年12月に安重根ゆかりの寺がある宮城県を出発し、23日韓国に到着して安重根の孫たちと対面したそうだ。26日の式典などに参加するそうだ。すごい人がいるものだ。
・今日の1曲目:今日の世界の国歌は「ドイツ」。

続きを読む 安重根殉国100年目、人間の評価も国が変われば大きく変わる。

Marzo 24 del 2010 ” Salsa Latina ” Entrevista con el Sr.Hayato Nakamura , funcionario de la UN ( Centro Reginal de Planeacion contra Desastres ) UNCRD

Miercoles 24 de marzo del 2010

Salsa Latina !!

En la Noche de hoy tendremos un programa muy entretenido acompañado de buena música Latina ! Tambien tendremos un gran invitado a nuestro programa ; se trata del Sr. Hayato Nakamura , funcionario de la ( UN Centro Regional de Planeacion contra Desastres ) UNCRD

En la entrevista que le haremos a el Sr. Nakamura ; hablaremos de su viaje reciente al Perú y de la situción por la cual atravieza el Cusco y sus alrededores después la devastadora inundación , provocada por las fuertes lluvias ocurridas hace un tiempo atras , la cual afectó significativamente esta Zona del Perú .

En nuestro espacio ” Mujer Latina” tendremos un comunicado Oficial del Consulado General del Perú en Nagoya , en el cual expresa su agradecimiento público , a todo el equipo de personas que hicieron posible este pasado domingo 21 de Marzo , que se realizara el Consulado Itinerante en Kobe . En el comunicado también asegura el categorico éxito de esta actividad consular .

Y como cada miercoles tendremos la inconfundible Alegria de nuestra música Latina !!

Roxana y Claudia , quien les escribe , esperamos que todos nuestros oyentes de ” Salsa Latina ” nos escriban todas sus inquietudes , comentarios y toda la musica que deseen escuchar .

Nuestra pagina web : yy778@tcc117.org
Fax : ( 078 ) 736 – 2211

Conectate con nosotras cada miercoles de 8 pm a 9 pm por la fm yy 77.8 mHz

Hasta Pronto !! chao chaoo [:音符:]

関西学院大学総合政策学部山中研究室4年進級制作第9回目の現状

関学3年生四宮くん

2010年3月23日火曜日「まちはいいキイキきらめきタイム」の13時からのコーナーは、関西学院大学総合政策学部メディア情報学科山中速人教授のゼミ生たちが、様々な番組を制作し放送します。2010年1月からは3年から4年への進級制作番組「マイノリティとの対話」をお送りしています。本日は第9回目担当は、四宮 康仁さん。~日本での生活を楽しむコートジボワール人留学生~というものでした。

神戸市長田区から世界の言語で放送しています。