「ゆうかりに乾杯」カテゴリーアーカイブ

2020年2月22日土曜日「ゆうかりに乾杯!」兵庫高校の現役1年生が出演!

2020年2月放送のゆうかりに乾杯のゲストは、兵庫高校創造科学科4期生(1年生〉の山本悠人さん、豊田亜由香さん、藤田詩子さん そして担任の酒井優希先生でした。


この番組はFMYYのyoutubeチャンネルでライブ配信されました。

兵庫高校の創造科学科は、「未来社会を創造するグローバルリーダーを育成します」という方針のもと、複雑で正解のない問題の解決に主体的挑戦をするためのプログラムが多数用意されています。
本日の放送では入学して1年間のプログラムで体験した以下の具体的な取り組み内容を伺いました。

①地域の問題に目を向け、企業や行政のサポートを受けて行ったグループ研究
②英語によるレポート作成、プレゼンテーション、留学生とのワークショップなどを通じ、総合的英語運用能力を高めるRRE(Reserch and Report in English)
③社会問題を考察する「新聞ノート」
④神戸大学院生の指導をうけて行われる自然科学分野のグループ研究、そして他高校との交流、発表
⑤学校外から講師を招聘し、講演後生徒がグループに分かれ今後の日本の進むべき方向についての議論
・立命館大学客員教授、外務省顧問の藪中三十二さん
・近畿財務局統括国有財産管理官の中野真司さん
⑤創造科学科の前身である総合科学類型1期生が10年前に始めた「高校生鉄人化まつり」

入学直後から始まる地域の課題解決の実践活動により、行政、企業、住民との折衝を通じ、課題の解決とコミュニケーション能力が確実に醸成されること、またグローバルリーダーの育成に必要と思われる人方々を学校外から広範囲に招聘及び訪問し、貪欲に知見、体験を吸収する取り組みなど極めてユニークなプログラムが数多く提供されていることは、今の教育に最も必要とされているものばかりでとても凄いことと思いました。

本日はその取り組みの実態を伺うことが出来、このような素晴らしい環境で育った生徒さんが生まれていることは、日本の未来を明るくしていくことにつながることを確信しました。
10年前の創造科学科の前身である総合科学類型1期生の時から、生徒さんに毎年当番組にご出演頂き、その進化を傍から見てきた我々スタッフにとって、兵庫高校の挑戦が益々発展することを望みたいと思います。

放送音声及び文書化した放送概要は、近日中に「ゆうかりに乾杯!」の下記URLで、ご覧いただけます。
http://yukari-ni-kanpai.sakura.ne.jp/
FMわぃわぃのホームページ、ポッドキャストでもご視聴いただけます。

2020年1月25日「ゆうかりに乾杯!」兵庫高校出身者は多様です!

2020年1月放送のゆうかりに乾杯のゲストは、神戸常盤大学 診療放射線学科 開設準備室 室長 今井方丈さんでした。

この番組はFMYYのyoutubeチャンネルでライブ配信されました。

今井さんは大学受験生向けの月刊雑誌を読み、癌の放射線治療は将来非常に重要な分野と思い、診療放射線技師を目指し、大阪大学医療技術短期大学部に進学し、卒業後、神戸大学医学部附属病院に30年間勤務されました。

仕事は主にX線を使った検査でした。核医学検査や放射線治療ではガンマ線など他の放射線が使われています。超音波検査や磁力を使うMRI検査は放射線 を使用しないが診療放射線技師の扱える仕事です。

阪神・淡路大震災時は病院で当直しており、病棟の一部が損壊したが入院患者を含め大きな人的被害はなかった。地震直後から多くの患者が押し寄せ廊下に仮設ベッドを設置し対応した。
当初はレントゲン検査に必要な電源が十分確保出来ず、小型X線装置で対応したが、11時頃には電気が復旧し正常検査に戻った。当時の詳しい状況は、神戸大学震災文庫に報告書が保存されています。

今井さんは高校時代、卒業後とも吹奏楽の活動に精力的に取り組まれています。兵庫高校の吹奏楽部は、運動部の応援にはブラスバンドが欠かせないとして、生徒会活動として全校生徒からの浄財により楽器を購入したことから始まりました。このため学校行事優先の精神が貫かれています。

今井さんの現在の神戸常盤大学診療放射線学科 開設準備室の仕事は、兵庫県の大学初の4年制養成校として4月開設で進められています。特徴として①人の心に寄り添える豊かな人間性の育成、②確固たる専門的な知識と技術を習得し、社会に貢献できる専門職業人を育成する、という目標を掲げられていることはとてもすばらしいことと思います。

放射線診療で患者の受ける被ばく線量は出来るだけ少ないことが望ましいが、診療目的から設けられていません。被ばく低減のため、放射線検査が必要か(正当性)と、被ばくの少ない検査法(最適化)の観点から事前に十分検討されています。しかし管理の重要性から、相対的に被ばく線量の高い検査については、今年4月から患者個人の被ばく線量管理・記録が義務づけられるのは非常に重要なことで、朗報と思いました。

放送音声及び文書化した放送概要は、近日中に「ゆうかりに乾杯!」の下記URLで、ご覧いただけます。
http://yukari-ni-kanpai.sakura.ne.jp/
FMわぃわぃのホームページ、ポッドキャストでもご視聴いただけます。

2019年12月28日「ゆうかりに乾杯!」

2019年12月放送のゆうかりに乾杯のゲストは、兵庫医療大学 特任講師 室 親明さんでした。

この番組はFMYYのyoutubeチャンネルでライブ配信されました。

室さんは、薬局を経営する家庭で育ち、大阪薬科大学に進み、卒業後兵庫医科大学病院薬剤部で退職までの41年間勤務し、そして今は兵庫医療大学で教鞭をとっておられます。

阪神・淡路大震災時は、ハーバーランドに住み、大きな揺れで室内は滅茶苦茶になったが、電気は地中線化されていたので停電はせず、ガスは止まり復旧にしばらく時間がかかった。
勤務先の大学病院は西宮の武庫川沿いで、大きく被災することはなかったが、入院患者に食事を提供出来なくなり、1000人ほどの入院患者のうち8割が大阪の病院に転院し、また被災者の多くは、県立西宮と市立中央市民病院に搬送され、兵庫医科大学病院の外来は200人ほどのため、職員は手持無沙汰の時があった。

新潟中越地震では薬剤師として派遣され、避難所で医者と一緒に対応した。余震が怖く救急車内での診察に変更した。救急車1台派遣のため薬剤は少量しか持ち込めず、3日分しか処方出来なかった。

薬に関する大きな制度変更は、世界で一番遅れて1990年代より医薬分業に変わり、仕事の8割を占めていた外来患者の対応から入院患者との対応に大きく変わった。薬科大学は2006年に患者対応を重視する4年制から6年制に変わり、必須になった実習指導をすることになった。その縁から兵庫医療大学に勤務することになった。

現在学生を教える立場として、学生には自分は出来るという成功体験を味合わせてあげたいと思うと共に、国は薬剤師に、薬の効果を上げるより、患者に安全に副作用なく飲んでもらうことを求めていると考え、患者の回復がうまくいかない時、どうしてあげられるかを常に考えるよう、言いっぱなしではなく責任を持ってほしいと指導されています。

昨今話題になっている、ジェネリック医薬品(後発医薬品)及び、特に高齢者に多い多剤服用のリスクについて、どのように考えればよいかも伺いました。

災害の多い日本で、医師と共同で被災地で活動する薬剤師について報道されることは殆どなく、室さんより初めてお聞きし認識を新たにすることが出来ました。
現在兵庫医療大学において、薬剤師の心構えとして、患者の立場に立った仕事をするよう学生に指導しておられることに感銘を受けました。

放送音声及び文書化した放送概要は、近日中に「ゆうかりに乾杯!」の下記URLで、ご覧いただけます。
http://yukari-ni-kanpai.sakura.ne.jp/
FMわぃわぃのホームページ、ポッドキャストでもご視聴いただけます。

2019年11月16日「ゆうかりに乾杯!」今回は第3土曜日に生配信!

2019年11月放送のゆうかりに乾杯は、通常の第4週ではなく、第3週の11月16日でした。
ゲストは、社会福祉法人 三田屋治療教育院 明石市立あおぞら園・きらきら 副施設長で児童発達支援管理責任者の服部記昌さん、及び(株)ソワサポート代表 浅原奈緒子さん でした。

服部さんは、現在未就学児の子どもさんの支援施設に勤務されていますが、成人の施設、高齢者福祉施設などにも勤務された経験があります。
しかし福祉施設就職前は、障がいのある人に対しては「汚い」「気持ち悪い」「こわい」という偏見を持っていました。
しかし成人の障害者支援施設ゼノの村での仕事の協同体験を通じ、一人の「人」として仲間としてやっていけること、そして全く違う世界を見ることができたことで、人は変われることを実感し、啓発的取り組みをしたいと思うようになりました。
2009年には貧困について知りたいと思い、カンボジアスタディツアーに参加し、帰国後仲間を集めカンボジア支援を開始しました。2013年にはNPO法人スロラニュ(愛する)プロジェクト設立し、毎年歯科医、モンテッソーリアン、救急救命士などの専門家とカンボジア支援を続けています。
現在取り組んでいるのは、「障害理解の啓発映像シネアド上映プロジェクト」で、障害理解支援を映画館で、そしてクラウドファンディングで行うという服部さんの発想がとても素晴らしいと思いました。

浅原さんは、児童発達支援事業所(3)、放課後等デーサービス(3)、相談支援事業所(1)の7か所を運営するとともに、障がいを理解し、共に過ごすための方法を提案するなどの活動にも取り組んでおり。「こどもサポートcuore」(https://www.kodomocuore.com/)では、乳幼児期の特別支援教育・療育についてというテーマで、全11回の講演動画を公開しています。
浅原さんは、スロラニュプロジェクトにも参加し、発達障がい児の支援もされています。
障がいのある方に対する服部さん、浅原さんの様々な取り組みを伺い、何らかの形で少しでもお役に立てることがないか考えさせられました。
放送音声及び文書化した放送概要は、近日中に「ゆうかりに乾杯!」の下記URLで、ご覧いただけます。
http://yukari-ni-kanpai.sakura.ne.jp/


この番組はFMYYのyoutubeチャンネルでライブ配信されました
FMわぃわぃのホームページ、ポッドキャストでもご視聴いただけます。

2019年10月26日「ゆうかりに乾杯」第150回

2019年10月26日
FMYYの番組「第150回ゆうかりに乾杯」のゲストは、公益社団法人 日本警察犬協会 公認訓練所 ドッグサポート ランティス代表の大畑嘉子さんでした。

この番組はFMYYのyoutubeチャンネルでライブ配信されました。

大畑さんは、元々犬は好きでなかったが、息子さんが生後間もないシェパード犬をもらうことになったことがきっかけで世話をするようになりました。
その犬は7か月で40㎏に成長し、訓練してもらう必要があり、大畑さんが訓練士になるきっかけになった2度目の女性訓練士は、犬を叱らずご褒美をあげたりして、良い状態に持って行って育てる方法であったので、これなら小柄な自分でも出来ると思われたたそうです。
その訓練士は大型犬5頭がうなり声を出しても、訓練士がかわいい声で「いけない」と言うと静かになるのが恰好よく思えたそうです。
そして訓練で飼い犬がどんどん上達することが喜びになり、警察犬訓練士の道を目指されました。大畑さんの訓練の様子を見た警察犬協会の幹部から是非プロになるよう言われ資格を取得されました。
警察犬には、警察官が扱う直轄警察犬と、個人所有の犬をその都度警察犬として扱う嘱託警察犬があります。
訓練内容としては、「服従訓練」「警戒訓練」「臭気選別訓練」「足跡追及訓練」などです。
警察犬の判別結果が元で冤罪が絶対生まれることのないよう、訓練は徹底して行われます。
嘱託警察犬の資格は訓練士と犬が一体として与えられ、毎年更新が必要です。
大畑さんは、警察犬訓練士の他男女協同参画推進員の活動もされています。参加者で構成するグループの研究発表では優秀グループに選ばれ、その後一般公開のセミナー「地域で活躍する女性リーダーを増やそう!!」が開催され、大畑さんグループの朗読劇が紹介されました。
大畑さんのお話は、犬の行動、特性、扱い方に関するエピソードがたくさん含まれており、とても楽しそうに話していただけたので、思わず引き込まれてしまいました。
警察犬についてそして家庭で犬を飼われている方々にとても役立つ内容が沢山含まれているので、音声やyoutube動画を楽しんでいただければと思います。
放送音声及び文書化した放送概要は、近日中に「ゆうかりに乾杯!」の下記URLで、ご覧いただけます。
http://yukari-ni-kanpai.sakura.ne.jp/
FMわぃわぃのホームページ、ポッドキャストでもご視聴いただけます。

2019年9月28日「第149回ゆうかりに乾杯」

FMYYの番組「第149回ゆうかりに乾杯」のゲストは まちづくりコンサルタント(株)コー・プランの吉川健一郎さんでした。

吉川さんは、大阪大学で土木工学、大学院で環境工学を専攻し、大学院1年生の時に阪神・淡路大震災を経験されました。当時まちづくり勉強会に参加していたことから、阪神・淡路大震災直後に、多くの専門家、学生ボランティアと一緒に、神戸市及び周辺自治体被災地の戸別建物の被災状況調査に参加されました。
この調査は復旧、復興対策の基礎となる重要な調査で驚異的なスピードで1月末に着手し、3月中旬には完了したそうです。

~この番組はFMYYのYouTubeチャンネルでライブ配信されました。~
続きを読む 2019年9月28日「第149回ゆうかりに乾杯」