神戸長田の多文化・多言語コミュニティ放送局│FMわぃわぃ | 神戸市長田区から世界10の言語で放送しています。 | ページ 291

月一回シネカノン神戸との連携で行う!映画文化的評♪

毎週火曜日の「まちはイキイキきらめきタイム」13時からは「関西学院大学山中研究室発多声的文化批評」です。
辛口淡麗の軽妙な語り口の関西学院総合政策学部山中速人先生、一押しのコーナーは、シネカノン神戸との協力でお届けする月一回の映画評!映画文化発祥の地、神戸ならではの番組です。
今回は絶賛上映中の、≪クワイエットルームにようこそ≫
松尾スズキの長編第2作のこの映画は、仕事や恋愛に悩む女性が主人公の新境地です。

番組内での山中先生のコメントは続きをクリック♪

続きを読む 月一回シネカノン神戸との連携で行う!映画文化的評♪

今日のトピックはバナナ!のお話

サギンナバナナを持つバージニアさん

10月23日と30日の「PINOYRAP」はバージニアさんの担当♪
今晩の一番のトピックは、フィリピンのバナナについてです。この写真で彼女が手に持っているのは、「サギンナサバ
緑色の野菜感覚で食べる種類のバナナだそうです。日本でも、最近はいろんな種類のバナナが入ってきていますが、そのほとんどは果物感覚のバナナ。実はバナナは、本当にたくさんの種類があるそうです。例えば日本で林檎といっても「王淋」「ゴールデン」「デリシャス」「紅玉」という風に、林檎という名前で呼ばれるのではなく、固有の名前で呼ばれるのと同じように、フィリピンでもバナナという名前はその総称で、それぞれ固有の名前で呼ぶそうです。
そしてこれが野菜感覚のバナナで「サギンナサバ
緑のうちに皮ごとゆがいて20分、ぽんぽんと切って砂糖をまぶして食べたり、テールスープに野菜と一緒に入れたり、バナナ春巻きの場合は、フィリピンでは「サギンナサバ」を使うそうです。
少し黄色くなってきたら、甘みが出るので、大学芋のように軽く素揚げして、シロップで絡めたりしても美味しいそうです。
イモのようにパサパサせず、もっちりした食感だそうで鮮度館KOHYO兵庫店で現在販売中!お試しあれ♪

2007度第4回番審議会報告

2007度第4回番審議会を10月22日(月)16:00~17:00FMわぃわぃ会議室にて開催しました。
出席委員は、 為岡務委員長、萩尾利雄委員、 高木邦子委員、木辻清子委員、山本幸男委員、澤田智恵子委員
欠席委員は、 正岡健二委員、平川愛恵委員              
放送事業者は、金千秋、平野由美子
第4回審議番組は、10月2日(火)13:00~13:20放送
「文化と街のソムリエ ―関西学院大学山中研究室多声的文化批評」
提供は、関西学院大学山中研究室
パーソナリティは、関西学院大学総合政策学部教授 山中速人さんとお相手じは、金 千秋
       
番組審議委員会議事録は以下をクリック!

続きを読む 2007度第4回番審議会報告

第3回ゆにかる祭 United Culture Festival!

第3回ゆにかる祭の実行委員3人

ゆにかる祭 2007が今年も10月28日日曜日、京都大学西部講堂で開催されます。
立命館大学の中村友香さん、中西楓多さん、岡本卓也さんの実行委員3人がこの情報を引っさげてやってきてくれました。
ゆにかる祭・・・これは京都を中心として学生・市民がそれぞれのバリアーを越えて、ことばや国籍、宗教、性別、障がいの有無、価値観などの違いをもつ多様な存在がそれぞれ、そのままのかたちで共生する「祭り」=ゆにかる祭を創造するそのために集います!!

キム・ヘジとジュ・ジョンウン

今回はその話を、韓国ソウルにある淑明女子大学から甲南女子大学に交換留学生としてやってきて、キム・ヘジさんとジュ・ジョンウンさんの二人が興味深く見学。
彼女たちは、これからの半年間FMわぃわぃのインターンとしてボランティア活動をします。今後ともよろしく!

KOBE Biennale 2007 コンテナ作品入賞者

KOBE Biennale2007コンテナ作品入賞者ソン・ジュンナンさん

07年10月20日の「KOBEながたスクランブル」の「おしゃべり市場」の出演者は、ソン・ジュンナンさん。
彼は神戸では、珍しくない在日韓国人です。現在大阪芸術大学の学生。今回自分の生れた神戸でKOBE Biennale 2007が開催されるのを機会に「KOBE PEOPLE」という作品で応募、見事入賞しました。この作品はユン・チョンスさんとの共同作品です。
普段はマイノリティの在日コリアンが、作品では在日外国人の顔写真で埋め尽くし隣人である在日外国人との出会いを通して、自分自身ひいては神戸を感じてもらうために制作したそうです。
コンテナ番号は#7、是非会場で彼の熱い語りをお聞きください!会期は11月25日日曜日までです。

Juan Carlos Caceres [Tango Negro Trio] チケットプレゼント

『ファン・カルロス・カセレス ”タンゴ・ネグロ・トリオ”』 チケットプレゼント

『ファン・カルロス・カセレス ”タンゴ・ネグロ・トリオ”』 チケットプレゼント

アルゼンチン出身ピアニスト/歌手/ソングライター、ファン・カルロス・カセレスを中心とする3人編成のグループ。ブエノスアイレスに連れてこられた黒人奴隷のリズムからヨーロッパ音楽にまで及び、ブエノスアイレスのカーニバルのリズム=ムルガ、そしてミロンガやカンドンベ、アバネーラ、ワルツによって蘇らせています。タンゴの根源であるブラックミュージックを研究した数少ない貴重なバンドとして世界中の音楽ファンから高い評価を受けています。

同時開催 スペシャルタンゴショー
今回の公演を主催したアーティストたちによるアルゼンチンタンゴショー。
出演:ロベルト・デ・ロサーノ、マコ/エルネスト&リカ/ロス・ポルテニートス/タンゴアンサンブル「COQUETA」

この公演のチケットをにサルサ・ラティーナのリスナー、ペア1組にプレゼントいたします。

詳細は「続き」をクリック!

続きを読む Juan Carlos Caceres [Tango Negro Trio] チケットプレゼント

10月FMわぃわぃステーションメッセージ「日本国憲法を読む」は『格差、貧困と戦争願望』。

「日本国憲法を読む」は『格差、貧困と戦争願望』

日本国憲法第25条で定められている生存権から照らした現在の若者の労働状況について、また、そこからつながる9条を軸にした憲法改正の動きについて、就職氷河期世代あるいはロストジェネレーションと呼ばれる世代に属する4人が話し合います。

司会進行 村上桂太郎
ゲスト出演 石川雅也、北田了介、下田隆清

放送スケジュール
2007年10月21日(日) 午後3時~
     10月24日(水)午後9時~
    

ステキな二人組み登場!神戸ユニバーサルツーリズムのご紹介♪

相良先生と糟谷先生

12時からの「KOBEながたスクランブル」のゲストは、神戸芸術工科大学の相良二朗さんと神戸学院大学の糟谷佐紀さんです。お二人は、日本福祉のまちづくり学会関西支部のメンバーです。というより相良先生はこの学会の立ち上げの主軸、関西支部の副支部長、そして糟谷先生は幹司でいらっしゃいます。今回は日本福祉のまちづくり学会関西支部の第29回関西セミナーのご紹介にお出でいただきました。
このセミナーは10月13日ポートアイランドで開催です。神戸ユニバーサルツーリズムということを中心に、障害がなかろうがあろうが、「行きたいところに行く自由」「見たいものを見に行く自由」「安心して旅の醍醐味を味わう自由」。。。。をいろんな観点から体感・実感そして確信へと導くイベントです。  

続きを読む ステキな二人組み登場!神戸ユニバーサルツーリズムのご紹介♪

神戸市長田区から世界10の言語で放送しています。