「YY音源ライブラリ」カテゴリーアーカイブ

「長田今昔ものがたり」第10話

第10話 神戸の橋、長田の橋(閑話休題) 2016年9月17日放送

新湊川大橋の北に「北所橋(きたんじょばし)」、南に「南所橋(なんじょばし)」があります。兵庫区まで足をのばすと「大輪田橋」、戦災も震災も記憶しています。兵庫運河には、くるりと回って船を通らせた「和田旋回橋」、船が来ると跳ねあがった「高松橋」を見ることができます。万葉集にでてくる「真野の継橋」は、今は尻池のお寺で保存されています。真野の入江でぬれぬように、つないだ継橋で、昔の和歌にもよまれています。室内にある「三六橋」を「さいろくばし」と読める人は少ないでしょう。条里制の名残の命名です。

nagatakonjaku_10_1
10話 大輪田橋

「長田今昔ものがたり」第9話

第9話 空海さんは2度やってきた 2016年9月10日放送

空海さんの最初の金剛峯寺は、いまの長田区と兵庫区の境の和田山近辺にあったと言っても、つくり話と思うでしょうね。宝満寺(現在は東尻池町2丁目)がそれなのです。空海さんは再度山にも唐に行く前と唐から戻ってきたときの2度のぼったとされています。大輪田の泊りは、中国へ出港する重要な港でしたが、物流拠点の役割も果たしたことでしょう。唐から持って帰った密教の経典や仏具など、高野山で金剛峯寺を開くまで、港に近い宝満山「金剛峯寺」で保管しておいたと推理しています。

nagatakonjaku_9_1
9話 今の宝満寺

「長田今昔ものがたり」第8話

第8話 万葉の碑 2016年9月3日放送

「玉藻刈る――」の万葉集・柿本人麻呂の和歌から、わが「苅藻川」は名づけられています。東尻池街園に高市黒人の万葉の碑があります。「真野」とか「白菅の榛原」という古い地名もでてきます。町名にも、苅藻・真野・菅原という地名が残っています。黒人さんの和歌は、「真野の湿原の榛の木を折って、染め物が好きな家内のおみやげにし、早く奈良に帰ろうよ」という心やさしい歌です。宮廷歌人が訪れたわが町、気持ちは万葉の時期から変わっていませんね。

nagatakonjaku_8_1
8話 万葉の碑(高市黒人)

「長田今昔ものがたり」第7話

第7話 Win-Win 大輪田の泊はどこだ 2016年8月27日放送

西神戸にとっては、西からの海路は重要、古代から「港」はたくさんありました。「大輪田の泊」も清盛の時代には和田岬を通り、今の「大輪田橋」あたり(D地点)で落ち着きます。(泊り)港の候補としては、神功皇后が船をつけた伝説がある「長良(ながら)の浜」(A地点)、古代に、玄蕃(通関)があったとあれる「駒ヶ林の浜」(B地点)や苅藻川の河口、船所という字名も残るC地点も古い書物に乗っています。ABCDの各地点とも、船での航行の時代ではバス停のように、どれも港機能(Win-Win)だったと思いましょう。

nagatakonjaku_7_1
7話 長田港(駒ヶ林)

8月27日土曜日第1回「KOBEビジョンひろめ隊♡」の放送

13907024_636183493212938_2765439591548428542_nこの番組は兵庫県神戸県民センターの神戸ビジョン委員会のみなさんが出演する番組です。
兵庫県神戸県民センターは、市民の皆さんとの「対話と協働」の下、「神戸ならでは」の魅力と資源を生かした「楽しいまち・神戸」の実現に向けて、様々な施策に取り組んでいます。その「楽しいまち・神戸」の実現に取り組む指針として、一般市民から構成される神戸ビジョン委員会が中心になって、「神戸地域ビジョン」を取りまとめ、各地域で実践、啓発活動をおこなっています。
神戸県民センター、ビジョン委員会では、より多くの人にビジョン活動を知ってもらい、実践してもらうための、情報を広く発信していくとともに、神戸の魅力を活かした多彩な交流活動を展開し、神戸で育まれてきた地域の魅力を高め、活かし、ビジョンが描く夢の実現をめざします。
この番組は、兵庫県神戸県民センターと神戸地域ビジョン委員会がお送りします。
司会進行は11グループの中の神戸ビジョンひろめ隊のみなさん。
第1回目はひろめ隊の紹介と三宮の生田神社のお祭りについて、子どもたちがインタビューした音源を交えながら、神戸の素敵を発信します。

13912391_635025659995388_7260170270130121894_n
来月は「裏六甲」と呼ばないで会グループの登場です。

「長田今昔ものがたり」第6話

第6話 土木の精鋭、行基集団のパワー 2016年8月20日放送

むかし、市民球場があったところですが、奈良時代のお坊さん・行基さんが造ったと言われる「池(はす池)」がありました。蓮池小学校も、池を埋めたてて出来ています。行基さんは集団で、「大輪田の泊」も改修しています。「布施屋」をつくるなど福祉にも力を入れられました。長田近辺の荒野や池を開拓したり、蓮池に防災時の食糧の「ひし」を栽培したりしています。土木・福祉・防災の視点は行基さんの時代から、長田のまわりに脈々と受け継がれているのです。

nagatakonjaku_6_1
6話 はす池跡