神戸長田の多文化・多言語コミュニティ放送局│FMわぃわぃ | 神戸市長田区から世界の言語で放送しています。

第8回 街ブラ〜人と街とくらしを探る

実りの秋ですね。今回の内容は、長田区の市街地に40年ぶりに田んぼが復活し、稲刈りが行われたという話題です。

長田区長田町にあります長福寺の境内で、原田住職さんが丹精して、お米を育てられました。田んぼには、稲刈りされたうるち米ともち米が、そしてあぜ道には りんどう・なでしこ・すいせんなどが咲いていました。となりの畑には、ピーマン・なす・みょうが・にんじん・じゃがいも・キャベツ・白菜・おくら・きゅうり・かぼちゃも植えられています。通り道から、作物の育つ様子が美しく見えるように、住職さんが心のアートをされています。この田んぼアートは、道行く人々の心の癒しになっています。

一切、農薬や化学肥料は使わず、淡路島から連れてきたカエルやアカハライモリがボウフラを退治し、猫がカラスを追い払い、井戸の水を使って 夏の熱帯夜から田んぼを守り、色んなご苦労をされて お米と野菜は見事に実りました。原田住職さんは、地域のみなさんに古き良き農村風景を楽しんでもらい、子どもたちが農に触れる機会を作りたいと笑顔でお話してくださいました。

是非一度、長福寺さんの田んぼを訪れて下さい。
心が癒されますよ!

次回もどうぞお楽しみに!

JIM-NET日本イラク医療支援センターからのチョコ募金!


ず~~とFMわぃわぃと連携しているイラクの小児がんの子どもたち支援JIM-NETのためのチョコ募金です。
「チョコ募金」は、2006年から毎年おこなっている冬季限定の募金キャンペーンです。
寄付のお礼にチョコレートをプレゼントしています。
チョコ募金は以下の活動に使われます。
★イラクの小児がん医療支援
★シリア難民・イラク国内避難民支援
★福島の子どもたちを放射能から守る活動
チョコ募金には、毎年大きなテーマがあります。
今年のテーマは「みんながHappyになれるチョコ」です。

FMYY金千秋からひと言!
シリア難民やイラク国内難民(海外へ難民として出ることもできない人々)の話はJIM-NETの方々からお聞きしました。支援に力を尽くされる彼らのお話をFMYYの番組にご出演いただきお聞きした私は、難民とは紛争とは、世界の大国・強国の政治的争い・その力の駆け引きから生まれているんだと私は理解しました。
大国同士の綱引きで生まれる難民問題は現在もなお続いています。そして自らが起こしたことでもないにもかかわらず難民となった人々がは、世界の強国といわれる国々から排除されようとしています。
日本政府はその強国とともに歩もうとしています。
難民たちの地域は、強国の放射能の威力を搭載した爆弾が打ちこまれ、小児がんは多発しています。その子どもたちの治療に奮闘している日本の民間組織はたくさんありますが、その一つがJIM-NETです。
まずはこの子どもたちの命を支えるため、そのためのチョコ募金です。可愛らしい毎年のチョコのカンカンの入れ物を彩るのは小児がんの子どもたちの絵です。
私はたくさん集めて、中のチョコ(北海道六花亭のハート形のチョコ。とってもおいしいです)を食べてからは中に磁石を入れて冷蔵庫に飾っています。イラクの子どもたちは2011年福島の原発事故のNEWSを見て、自分たちを支援してくれる日本の福島の子どものために募金をして支援金を送ってくれました。
この心をとても大切にしたいと思います。ぜひ一度このチョコ募金に参加ください。お願いします。

わぃわぃキッズラジオ「ふれあいフェスティバル2017」

今月のわぃわぃキッズラジオ。キッズパーソナリティは、ガールスカウト兵庫県連盟が11/23(祝)に開催する、「ふれあいフェスティバル2017」の高校生の実行委員メンバーです。

普段は神戸、三田、伊丹とバラバラの地域で活動する3人ですが、このイベント開催に向けて、それぞれがコーナーを担当して企画準備をしているそうで、イベントのPRのために出演してくれました。

イベントのテーマは
「SMILE the WORLD 〜世界を変えるのは今だ‼︎!〜」

大人のリーダーのサポートを受けながら初めての企画書作りにトライした苦労話や、色んな国の楽器を使った音楽会をどうやったら実現できるか、実行委員メンバーであーだこーだと意見交換して企画を進めてきたことなど、学校では学べないスキルを身につけながら、大きなイベントの準備に一生懸命取り組んでいる高校生のイキイキとした想いを聴かせてくれました。

すでにカナダに海外派遣に行ったメンバーもいましたが、3人ともいつかは世界に出たい! と、グローバルに視野を広げていることに感激しました。

このように企画実行力を身につけて、世界に目を向けている高校生が身近にいることが、とても嬉しく、心強く感じました!

11月11日土曜日のワンコイン番組~新しい会員が参加しました。


11月11日土曜日12時からのワンコイン番組。
本日の参加者は蔀より子さん(右)玉井良平さん(左)と進行とミキサーは金千秋でお送りしました。

蔀より子さんは、先月一度もFMわぃわぃに来ることができなかったこと。それは外出するための視覚障がい者にとって重要なヘルパーさんを確保できなかったからだそうです。
ヘルパーさんになる人がどんどん減っていき、せっかく神戸市との折衝を繰り返し32時間のヘルパーさんに助けていただける時間を50時間に増やすことができたものの、肝心のヘルパーさんがいなくて、外に出えたくても出ることができなかったそうです。
これは重要な問題ですね。介護や託児所の現場でも同じような話を聞きます。これは政策も問題であり、つまりは1票のある一人一人の責任でもありますね。選挙が終わった後だけに身に染みるお話でした。
10月のトピックは、ずっと行きたかった気仙沼の震災6年7か月目を体感してきたそうです。そして2011年のあの大震災が起こった時、少しでもみなさんに心の癒しをということで作詞作曲した曲を最初の1曲としてみなさんに聞いていただきました。

さてさて新しい会員となられた玉井良平さんは、実はこのたかとりとも連携する人々と繋がっていらっしゃったようです。現在はクラウンの活動を通じて、子どもたちの勉学の場での窮状を知り、少しでもわかりやすい「学習の場」を大橋で開設されるそうです。

「いじめ」だけでなく、登校はしていても教室の中で勉強についていけず、ただただ座っているだけの子どもがいる!という子どもたちの現実をお聞きしました。高校進学率94%の中でこぼれ落ちている子どもたちがいることを知りました。

言葉の壁でこぼれ落ちている外国語を母語とする子どもたちだけでなく、こういう「今」があること、未来に希望を見いだせない子どもたち、将来に不安を抱える人々がこんなに多い日本!
一人一人の存在はちっぽけで、ここからの声はとっても小さいけれどそれでも1995年の震災から始まった「このまちを住みやすくするために、だれでもが自分らしく生きていく道すじを耕していくために」FMわぃわぃは今日もあなたのもとに声を届けます。

たかとりコミュニティセンターの日常 11月9日(木)


10月9日木曜日 JICA関西のタイからの研修生が大勢でおいでくださいました。
人身売買について活動している方々です。たかとりの仲間であるアジア女性自立プロジェクトAWEPが講義しました。
終了後、木曜日のたかとりはみんなそろって食堂でお食事。本日はベトナム料理のフォーを研修員のみなさんと楽しく食べました。
タイ語やベトナム語の飛び交う「たかとりの日常」です。

「Phòng chống thiên tai」(フォン・チョン・ティエン・タイ)「災害への備え」

「台風や防災無線、避難所について」
11月4日・11日(土曜日)17:00~17:30放送
Bão, hệ thống cảnh báo thiên tai và trung tâm lánh nạn
Phát sóng 17:00~17:30 (thứ 7) ngày 4, 11 tháng 11

みなさんこんにちは。10月から災害情報番組「Phòng chống thiên tai(災害への備え)」を担当している神戸大学出身のVU THI THU THUYと大阪大学大学院生の林貴哉です。

初回の10月は日本の災害についてお話ししましたが、今月は台風と防災無線などについてお伝えしました。10月の終わりにはとても強い台風21号が日本を通過したので、台風が来たときに、どうすればいいかを確認しました。

台風の次の日に、落ち葉や倒木だけでなく、看板が倒れてたり、いろいろなものが道に落ちていて、驚いた人もいると思います。そのため、台風が来たら、植木鉢や物干し竿など、ベランダにあるものを家の中に入れて、飛ばないようにすることが大切です。

台風21号が来た際は、神戸では避難勧告が出ました。消防署から避難するように情報が来たときに、行く場所を「避難所」といいます。避難所は基本的には自分の住んでいるところの小学校や中学校です。

また、避難しなければならなくなった時のために、日ごろから、食料を準備しておく必要があります。ホームセンターなどに行くと、非常用持ち出し袋も売っています。それがまだの人も、まずは「ローリング・ストック」という方法を試してみるといいと思います。日ごろから、自分の好きな食べ物を備蓄しておいて、食べては買い足すという方法です。水も、ペットボトル3本用意して、1本飲み終わったら、1本買い足せばいいのです。

これなら、気軽に始められるのではないでしょうか。

次回も日本で安全な生活をするために役立つ情報をお伝えします!お楽しみに!

Xin chào Quý vị và các bạn! Vũ Thị Thu Thủy (Đại học Kobe) và Hayashi Takaya (Đại học Osaka) xin được tiếp tục đồng hành cùng Quý vị và các bạn trong chương trình radio “Phòng chống thiên tai” được phát sóng trong tháng 11 này.

Trong số phát sóng lần trước, chúng ta đã nói về thiên tai ở Nhật Bản. Lần này, chúng ta cùng nhau tìm hiểu về bão và hệ thống cảnh báo thiên tai tại đất nước mặt trời mọc này nha!

Vào cuối tháng 10 vừa qua, một trận bão lớn, hay còn gọi là siêu bão số 21 đã đổ bộ vào Nhật Bản và gây thiệt hại nặng nề. Bão về kèm theo gió to và mưa lớn nên không chỉ làm rụng lá, đổ cây mà còn cuốn bay cả bảng quảng cáo. Quang cảnh ngổn ngang sau bão đã khiến nhiều người phải ngạc nhiên. Vì vậy, khi bão về, việc đem giá phơi quần áo hay các chậu cây cảnh trang trí đặt ngoài ban công cất vào trong nhà để tránh bị gió thổi bay cũng rất quan trọng.

Khi siêu bão 21 đổ bộ vào đất liền thì Chính quyền thành phố Kobe đã cho phát đi cảnh báo lánh nạn. Bên cạnh đó, khi có cảnh báo bão từ Sở phòng cháy chữa cháy thì mọi người phải nhanh chóng di chuyển đến trung tâm lánh nạn, trong tiếng Nhật gọi là “hinan-sho” ( ひなんしょ). Các trung tâm lánh nạn thường là trường tiểu học hay trường trung học cơ sở nằm trong khu vực sinh sống.

Ngoài ra, việc dự trữ lương thực để ứng phó khi bão về cũng vô cùng cần thiết. “Túi phòng chống thiên tai” (trong tiếng Nhật là “Hijoyou-mochidashi-bukuro (ひじょうよう もちだし ぶくろ)” ) luôn được bày bán tại các trung tâm thương mại. Với những ai chưa mua túi này thì vẫn có thể thử phương pháp Dự trữ luân phiên (trong tiếng Nhật là “Roringu-sutokku (ローリング ストック)” ). Đây là hình thức tích trữ lương thực mà mình yêu thích theo một lượng nhất định, rồi vừa ăn vừa bổ sung để làm mới số đồ ăn tích trữ, sao cho không bị quá hạn sử dụng.

Trong số phát sóng tiếp theo, chúng tôi sẽ cung cấp nhiều thông tin bổ ích khác. Xin Quý vị và các bạn hãy dành thời gian đón nghe!

11月3日から始まった「下町芸術祭」、まちの中のアート探しに出かけました。

11月4日土曜日3時から「下町芸術祭2017」の地域のアートを探しにインターンを引率して出発。

駒が林地域の防災空地「通称黒板広場」はかなりのヒットだったようです。放送終わりに、まず海運町のFMわぃわぃから久保町の中村美術館へ三人で出発。美術館の多くの作品が展示されている旧の駒が林保育所に、中村さん宅の方に道案内いただき到着。
新長田南地区一帯で繰り広げられている「下町芸術祭」を体験するため、旧駒ヶ林保育所に行きました。



下町の細道を抜けると突然現れるアート作品に驚きながらも、気が付けばすっかり夢中になって展示物を楽しみました。


最後は大正筋、新長田商店街を探索しました。案内してくださった金さんから、国道を境に街並みが違うことを教えてもらい、先の震災についてもお話を聞かせてもらうことができました。そして最後は若松公園の鉄人28号と記念写真を撮りました。今回お世話になった金千秋さん、そしてFMYYの皆さん、下町げ医術際の皆さん、今回は本当にありがとうございました。

KOBE bridging JAPAN and AFRICA through ICT

11月4日の第1週土曜日、11日第2土曜日の4時~4時半日本語で、4時半から5時は英語で、神戸情報大学院大学のアフリカからの学生たちが、日本・神戸に住んでみて気づいたことやアフリカの自分の国のことを紹介しています。
私たちにが普段気づかないことに気づかせてもらえます。
  
そして、ICT(情報技術)を活用して「社会の課題を解決する仕組みつくり」の勉強をしていることのお話しも。
10月のアフリカからの留学生は、右の方がルワンダからのブレイクさん(IYAMUREMYE, Blake)、そして左の方が南アフリカからのジジポさん(MACANDA, Zizipho)です。
また、今回は日本に来て1年1ヶ月の間に経験した、福知山の西山酒造場(日本酒「小鼓」の銘柄で有名な酒蔵)や金沢市の明和工業(有機ゴミなどから炭化肥料などを作る装置のメーカー)での、でのインターンシップの話もされています。
パーソナリティは、神戸情報大学院大学の船山・プロジェクトマネージャー(左:アフリカなどの国々でNGO活動等に参加)とセンダ先生(コンゴ出身 京都大学大学院を卒業、建築家)。
ルワンダ共和国 (在日本ルワンダ大使館)
 http://www.japan.embassy.gov.rw/index.php?id=702&L=12
南アフリカ共和國 (在日本南アフリカ大使館)
 http://www.sajapan.org
神戸情報大学院大学
 https://www.kic.ac.jp/
神戸市とルワンダ・キガリ市の経済・交流連携協定 締結
 http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2016/07/20160714041901.html
ーーーーーーーーーーーーーーーー
放送終わりには地域の食堂で交流会をしています。今回は駅前の中華料理屋さん。 On the first and second Saturdays (4th November and 11th November) from 4pm to 4:30 in Japanese and from 4:30 to 5pm in English, KIC students from Africa share their stories about what has surprised them once in Kobe, Japan, what they have found out through their life there, and other things they found intriguing and mind-blowing in Kobe or in Japan in general.  Today’s students experienced in Japan for a year and a month. In this time, they have also talked about internship at Meiwa Industry in Kanazawa City((Manufacturer of equipment to make carbonized fertilizer etc from organic waste etc), and the Nishiyama Brewery (Japanese rice wine “Sake”) in Fukuchiyama city . The students also introduce their projects to solve social issues in their home countries through ICT (Information and Communication Technology) that they have been working on at KIC as part of their Master's course.  In our November program, our guest students from KIC are Mr. IYAMUREMYE, Blake(on the right of the photo) from the Republic of Rwanda and Mr. MACANDA, Zizipho (on the left of the photo) from the Republic of South Africa.  They are with our regular personalities, Ms. Funayama (Left photo: Having worked in multiple African countries) and Prof. Nsenda (Architect originally from Democratic Republic of Congo and graduated from Kyoto university graduate school). Japan (Official guide) https://www.jnto.go.jp/eng/ Kobe city in Japan http://plus.feel-kobe.jp/ Graduate School of Information Technology Kobe Institute of Computing https://www.kic.ac.jp/en/

神戸市長田区から世界の言語で放送しています。