神戸長田の多文化・多言語コミュニティ放送局│FMわぃわぃ | 神戸市長田区から世界の言語で放送しています。

2018年7月から「AWEPあんしんつうしん」START!From this July Starting program”AWEP ANSHIN TUSHIN”

この番組は、身近な情報を地域に暮らす外国人女性に届け、そこに暮らす外国人女性と地域とを結び、地域の「あんしんネットワーク」を作ることをめざします。

AWEP、アジア女性自立プロジェクトは、1994年から神戸で活動する団体です。「あんしんつうしん」は、AWEPが2005年から続けている情報発信活動です。毎月1回か2回、生活に役立つ情報をメールで発信しています。この情報は、やさしい日本語と英語で書いています。

「あんしんつうしん」は、インターネットで、あなたの携帯やパソコンで、聞くことができます。「あんしんつうしん」を、たくさんの人が聞くことで、地域の日本の人たちが、外国から来た人は、どんな情報が必要なのかを知ることができます。
この番組は、国籍に関わらずお互いの存在を知り、理解を深め、つながり合うことをめざす番組です。

Asian Women’s Empowerment Project, AWEP in short, is an organization established in Kobe in 1994. One of its activities, “Tips and Info from AWEP” is an information providing service we started in 2005. We e-mail useful information for foreign residents once or twice a month to registered recipients. The information is written in easy Japanese and English.
You can also listen to our “Tips and Info” on your cell phones or computers. If many people listen to it, local Japanese people can also get ideas of what kind of information foreign residents need. We aim to create a society where residents can get to know, understand, and connect with each other regardless of their nationalities.

Ang programang ito ay napapahiwatig ng mga lokal na impormasyon sa mga dayuhang babaeng naninirahan sa lokalidad, upang magkaroon ng kaugnayan ang mga dayuhang kababaihan sa tinitirahang bayan, sinisikap na maisagawa ang [network para sa kapayapaan ng pag-iisip] sa bayan.

Ang AWEP, Asian Women’s Empowerment Project, ay isang samahan na aktibo sa Kobe mula ng taong 1994.
Ang [Anshin Tsushin] ay isang aktibidad na nagpapadala ng mga impormasyon na ginagawa ng AWEP mula ng taong 2005.
1 o 2 beses sa isang buwan, nagpapadala sila sa pamamagitan ng e-mail ng mga impormasyong nakakatulong sa pamumuhay.
Ang mga impormasyong ito ay nakasulat sa madaling maintindihang wikang Hapon at Ingles.

Ang [Anshin Tsushin] ay mapapakinggan sa internet sa inyong smart phone o computer.
Kapag maraming tao ang nakikinig sa [Anshin Tsushin], malalaman ng mga Hapon sa bayan kung ano ang mga impormasyong kailangan ng mga tao mula sa mga dayuhang bansa.
Ang layunin ng programang ito ay magkaroon ng kamalayan na ang bawat isa ay naririto kahit ano pa man ang nasyonalidad at magkaroon ng mas magandang pagkakaintidihan, upang magkaroon ng magandang kaugnayan ang lahat.

EarthQuake16thJune、6月16日大阪北部での震度6弱地震。

1995年の震災から23年、様々な地域への震災対応に出向いておりましたが、昨日はさすがに驚きました!みなさん大丈夫ですか?今後も自分の身を守る!「備え」を再確認しましょう。

「大阪地震 断層地図」の画像検索結果

FMYYでは神戸市危機管理室と提携して、危機管理室からの割り込み方法を実施しています。昨日も危機管理室からの割り込み放送を配信しました。
今後ともより多くの情報を提供できるように、再考していく所存です。

毎月の17日夕方の5時には神戸市危機管理室からの割り込み放送のテスト放送が実施されます。しかし18日のような場合は、随時危機管理室からの割り込みは行われます。今後のことも考え、危機管理室との連携を再考してまいります。

6月16日土曜日のワンコイン番組、今日はFMYYの総会の日でもあります。

本日の参加者は蔀より子さん、朴明子さん、今井正さん、ミキサーとスイッチャーは金千秋でした。

FMYYは現在YouTubeでもワンコイン番組やそのほかの番組をアップしています。
ぜひFMYYTubeをお気に入りに登録ください。

第14回 街ブラ〜人と街とくらしを探る

今回の街ブラは、音楽ユニット「Bloom Works」KAZZさんと石田裕之さんの登場です。防災をテーマに全国で新しい音楽シーンを切り拓いているお二人の歌を是非お聴きください。

KAZZさんは、アカペラの世界で日本のボイスパーカッションのパイオニア。石田裕之さんは、アコースティック シンガーソングライター。お二人とも神戸のご出身ですが、別々に防災の啓発活動を行ってこられました。

阪神淡路大震災の体験とその活動への関係、そして、神戸に居ながらにして、交わることのなかったお二人の運命的な出会いについて、お二人にお聞きしました。

ボイスパーカッションのKAZZさん と ボーカル&ギターの石田裕之さん、日本の音楽シーンでは珍しい組合せのお二人ですが、息はピッタリで素敵な歌を聴かせてくださいます。歌詞の中に、さりげなく防災のメッセージがちりばめてあります。

そして、阪神淡路大震災の経験から生まれた『ウデブエ』は、アーティストグッズとして、ライブで曲の中でも使いますよ。
インタビューの最後に、リスナーの皆さんへメッセージをいただいてますので、どうぞお聞き逃しなく。

今後のライブ情報は、ホームページツイッターをチェックしてください。

Bloom Works お二人の思いがたくさんの方々の心に届きますように!

街ブラは、輝く人・街を応援します!
エンディングテーマ曲:Bloom Works 『 Touch The Rainbow 』

関西学院大学総合政策学部、山中速人研究室山中ゼミ生進級番組8/7・9/7

2017年度関西学院大学総合政策学部山中速人ゼミ年3年の進級課題番組は2018年5月19日土曜日14時半からの30分間、7週にわたってお送りします。6月16日土曜日はその5回目、森下大地と前田亜衣紗の二人の取材をお送りします。

◆前半:関西学院大学総合政策学部メディア情報学科 森下大地
ゲストは、繊維会社経営 野呂弘氏。
◆後半:関西学院大学総合政策学部メディア情報学科 前田亜衣紗
ゲストは、前田亜衣紗自身の高校時代の担任村上和弘氏。

FMYYインターネットメディアになってから2回目の通常総会。

ラウンドテーブル的に「みんなのメディア」の立ち位置を語り合う予定です。

開催日程:2018年6月16日土曜日14時から16時予定。
開催場所:カトリックたかとり教会食堂
〒653-0052 神戸市長田区海運町3-3-8
事業報告・事業計画などは、プロジェクターで投影予定。
スカイプ参加の方もあり、会場の様子はfacebookで公開予定です。

神戸市長田区から世界の言語で放送しています。