2018年度「子どもいちば」宮川小学校3年生編!

神戸市長田区での取り組み!「子どもいちば」
地域の多様性を実感するプログラム「子どもいちば」、1月5日からは、今年度最後の宮川小学校の3年1組と2組の声を「FMYY コミュニティAD」としてお送りします。
まず最初に「出会いのプログラム」子どもたちは、地域の障がい者事業所の方を学校に講師としてお迎えします。
その後、実際にどんなところで働いておられるのかを知るために、子どもたちはグループに分かれ事業所を訪問し、各事業所での作業のお手伝いをします。

最後に長田神社前の赤い欄干の長田橋の上で、「子どもいちば」を開催し、事業所の作品を販売します。それらの流れの中で出会った、まちの多様な人々との出会いをFMYYコミュニティADの音声として発信することで、まちの中の多様性を実感する機会とするのが、この一連の取り組みの流れです。

2019年1月17日木曜日FMYYブーステントでの発信!第一弾

2019年1月17日、ことしは木曜日です。
FMわぃわぃはいつものようにJR新長田駅前広場での「1.17KOBEに灯りをinながた」に参加します。
インターネット配信(リスンラジオ、サイマルラジオ)では12日第2土曜日の再放送を流していますが、会場では実況生収録を行っています。12時からの会場での放送は、2018年に引き続き、会場内でのミニFMで発信しますので、ぜひラジオ持参でおいでくださいませ。

12時からの前半は台湾は一大観光地となっている台湾中心部の南投県・埔里鎮桃米里にある紙の建物=紙経堂。
阪神・淡路大震災(1995年)と台湾921大震災(1999年)という2つの地震が繋いだペーパードームに象徴される「神戸との繋がり」そして「埔里鎮桃米里における地域環境に即した復興のあり方」ついて、台湾からおいでの暨南國際大學、財團法人新故鄉文教基金會の方にお話しいただきます。

12時45分からの後半は、現在FMYYがインドネシアのラジオの仲間たちと行っている「官民協働によるコミュニティラジオを活用した防災力強化事業」の活動の中で共に2018年のインドネシア被災地での被災地支援として行っている情報発信活動をお話いたします。

被災地における情報の受信は、傷ついた人々の心を柔らかく包むことは阪神・淡路大震災で生まれたFMYYの深く知るところです。13時からは、混乱の中での情報発信の必要性とその簡易な発信システム、バックパックラジオの実演をBHNテレコム支援協議会のご協力のもと行います。バックパックラジオはソーラーで発電、簡易な送信機と端末でミキサー機能を果たすという今の時代だからこそできるモバイルラジオ局です。ぜひ現場でご体験くださいませ!!

AWEPあんしんつうしん Earthquake Early Warning

今回のあんしんつうしんは「緊急地震速報Earthquake Early Warning」

今月のあんしんつうしん「緊急地震速報」
24年前、1995年1月17日の朝、こうべで おおきな じしんが ありました。
おおきな じしんは いつ おこるか わかりません。
じしんのとき、けいたいでんわ や すまーとふぉん からアラーム音が なります。
こんな音です。(音♪~~~)今のは、テストです。
この音が 聞こえたら、じぶんの からだを まもりましょう。
まずは あたまを まもりましょう。

番組の後半は、1995年の震災当時のお話をマリアンさんを招いて、初代のAWEP代表稲田多恵子さんと2代目の代表もりきかずみさんと鋤柄利佳さんで語っています。

 

「長田今昔ものがたり」第130話

130話 長田今昔振り返り(閑話休題) 2019年1月5日放送

長田今昔物語は、130話でもって、ひとまずの終了です。須磨の井上勇さんは「即ち、この世は色即是空、空即是色であり『空』である」と締めくくられます。ワダカンこと和田幹司と共に二人で、130回もよう話せました。もう、自己満足の世界です。二人とも、神戸の郷土の歴史研究の会合に顔を出し、大勢の発表を聞きながら、個人の勉強を修正したり、課題を深めたりしています。でも、どちらかと言えば、「我が道をゆく」という性格で、FMわぃわぃのリスナーの方には、聞きづらい場面もあったことでしょう。番組スポンサーの方からは、「須磨・長田・兵庫といった西神戸では、話題がいっぱいあるのですね」と拍手をいただきました。またお話できる機会を願っています。長い間お聞きいただき、ありがとうございました。


130話 井上さんと和田の録音風景の写真

Tháng 1 “Sự kiện thắp nến Kobe in Nagata 17/1 và hoạt động tình nguyện nấu phở hỗ trợ tình nguyện viên” / 1月「『1.17KOBEに灯りを in ながた』におけるボランティアのためのフォーの炊き出し」

「住みやすい日本を創るための情報発信番組」
HÃY AN NHIÊN MÀ SỐNG
1月「『1.17KOBEに灯りを in ながた』におけるボランティアのためのフォーの炊き出し」
Tháng 1 “Sự kiện thắp nến Kobe in Nagata 17/1 và hoạt động tình nguyện nấu phở hỗ trợ tình nguyện viên”
1月5日・12日(土)17:00~17:30放送
Phát sóng vào lúc 17:00~17:30 các ngày thứ Bảy mùng 5 và 12 tháng 1

皆さんこんにちは。ベトナム夢KOBEのVu Thi Thu Thuyと林貴哉です。今月もよろしくお願いします。先月の放送では、「日本に暮らすベトナム人の高齢者」についてお伝えしましたが、1月は「『1.17KOBEに灯りを in ながた』におけるボランティアのためのフォーの炊き出し」についてお伝えします!
Xin chào Quý vị và các bạn! Thủy và Takaya của VIETNAM yêu mến KOBE xin được tiếp tục đồng hành cùng quý vị trong chương trình lần này. Trong số phát sóng vào tháng trước, chúng ta đã trao đổi về người cao tuổi Việt Nam tại Nhật. Trong tháng này, chúng ta hãy cùng nhau tìm hiểu về “Sự kiện thắp nến tưởng niệm ở Nagata, Kobe ngày 17/1 và hoạt động tình nguyện nấu phở hỗ trợ tình nguyện viên” nha!

毎年、1月17日になると、JR新長田駅前では「1.17KOBEに灯りを in ながた」が開催されます。1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災で被害に遭われた方を追悼し、次の世代に語り継いでいく場です。震災が発生したのは午前5:46なので、三宮にある東遊園地で行われる「阪神淡路大震災1.17のつどい」は早朝に行われますが、長田では夕方から灯りをともし、午後5:46に黙祷を行います。
Cứ đến ngày 17/1 hàng năm ở trước ga JR Shin Nagata lại diễn ra sự kiện thắp nến có tên gọi là “Sự kiện thắp nến tưởng niệm ở Nagata, Kobe ngày 17/1”. Đây chính là nơi để tưởng niệm những nạn nhân đã thiệt mạng trong trận động đất Hanshin Awaji ngày 17/1/1995, đồng thời cũng là nơi để truyền đạt câu chuyện này cho những thế hệ sau. Thời điểm xảy ra động đất là 5h46’ sáng nên lễ tưởng niệm động đất Hanshin Awaji diễn ra vào sáng sớm ngày 17/1 tại công viên phía Đông Sannomiya, sau đó sự kiện thắp nến tưởng niệm được tổ chức lúc 5h46’ chiều tại Nagata.

続きを読む Tháng 1 “Sự kiện thắp nến Kobe in Nagata 17/1 và hoạt động tình nguyện nấu phở hỗ trợ tình nguyện viên” / 1月「『1.17KOBEに灯りを in ながた』におけるボランティアのためのフォーの炊き出し」

神戸市長田区から世界の言語で放送しています。