神戸長田の多文化・多言語コミュニティ放送局│FMわぃわぃ | 神戸市長田区から世界10の言語で放送しています。

5月のママトーーク、テーマは「病気との付き合い方」です。

膠原病(混合性結合組織病)の経過観察中でステロイド(プレドニン)を毎日服用して再燃を抑えているメンバーがいます。また、3歳から13年間、アトピー性皮膚炎の治療にステロイドの飲み薬と塗り薬を続け、使用を止めた途端に、リバウンドによる薬の副作用で、皮膚炎という薬害に辛い思春期の経験をしたメンバーがいます。今月は、それらの生々しい体験談を共有しました。

お医者様に言われるがままの治療方針に委ねるしかないと思いがちなわたしたち。発病を未然に防ぐために食を見直す大切さ。「選食力(せんしょくりょく)」という言葉にも出会いました。親子で身につけていきたい知識の一つです。

これからも、食育の実践編や自然療法について、ママトーークで、ご紹介していく予定です。

6/2(金)まで13:30-14:00に再放送されます。FMYYのwebサイトでは、いつでも好きなときにお聴きいただけます。

アフリカからの報告グローバルエコトークショウ、今回はFMわぃわぃ訪問。

久しぶりに日本に来られたSWACIA(アフリカ女性と子どもの支援団体)の創設者であり事務局長でもある長島日出子さんが神戸、長田のFMわぃわぃを再訪。スタジオからの放送となりました。

今回はナイジェリアの首都アブジャのswacia事務所で地域の要望で始めた「日本語学習教室」が、どんどん膨れ上がり、事務所のみならず、小学校の生徒・教師、そしてアブジャ大学でも日本語教育をすることになった~~~というお話。

外国語である日本語を学ぶ意味、それはどういうことが内在するのかということ、そしてその最初の目的アフリカの女性と子どもの人権について活動する!という本末と日本語教育をどうリンクさせていくのか。。。という悩みも語られました。

FMわぃわぃのあるたかとりコミュニティセンターの他の団体とも友好を深めたひと時でもありました。

5月最後のワンコイン番組~子どもこそ未来!すべての人々に手の届く幸せを!アピール


本日のワンコイン番組の参加者は、左から佃さん、浅原さん、服部さん、飯塚さん、田村さん。ミキサーは金千秋でした。


佃さんは第4週のゆうかりに乾杯のメンバーですが、そこにご出演された兵庫高校繋がりの浅原さん、そして、浅原さんの繋がりで、飯塚さん、服部さんはFMわぃわぃにおいでになりました。お二人は児童発達支援センター 明石市立あおぞら園・児童発達支援事業 明石市立きらきらの職員でいらっしゃいます。

また浅原さん、服部さん、飯塚さんは、明石市地域自立支援協議会こども部会のメンバーで、障害福祉についての提言など行う仲間でもあります。じつはこのワンコインのあとの第4週「らの会わぃわぃbyネットワーク長田」の石倉さんとは、みなさん周知の中でもあることが番組内でわかりました。

「だれもが同じように自分らしく自分の願う幸せを手に入れる」そんな社会を創りたいと願う活動をしていると、繋がりは広く長く深く強くどこまでもどこまでも伸びていきますねぇ。

しかしながらその想いを大きな渦のように、地域に!日本中に!世界中に!広げ力にしていくこと。それはどうしてこんなに難しいのでしょう。
それでもなお、なんとしても知ってほしい!気づいて欲しい!と今回ご参加された「こども部会」のみなさんは、障害のあるなしに関わらず手の届く幸せをつかみたい!そんな声のメッセージ、文字のメッセージ、映像のメッセージを10000人分集めることにしたそうです。

10000人のメッセージ!とは大変な数字です。なかなか到達点が見えない中、「あそこなら、こんなおもいの共有を広げていく力になってくれるのでは…」と、本日このFMわぃわぃのワンコイン番組にコインを握りしめておいでになりました!!
あぁ~~ありがたい、なんとうれしいことでしょう!!
こんな想いを持った人々のための「発信の場」「ワンコインという場」をみんなで繋いできてよかった!と思ったひと時でした。

「すべての子どもたちが幸せに暮らすことのできる社会」「共に育つ社会」の実現のためのあなたのメッセージ募集中!です。
★お問い合わせは明石市立あおぞら園へ
TEL078(945)0280 担当:服部さん

KOBEビジョンひろめ隊♡ 第10回放送は「農都・神戸グループ」です。


5月27日土曜日「KOBEビジョンひろめ隊」の番組のゲストは、農都・神戸グループです。

私たちのグループは、農業などの体験活動を通じて、農都・神戸の魅力や地産地消の大切さを多くの人に伝える活動に取り組んでいます。

メンバーは14人で、農家や主婦などさまざまです。グループ名については、神戸市内の西区・北区ではたくさんの野菜が栽培されていますが、神戸市内のスーパーでなぜ神戸産が出回らないのかといった思いから、農都・神戸グループとしました。

昨年度は、無農薬で育ったブルーベリー摘み取りとジャムづくり体験や、神戸産の黒豆を使った味噌づくり体験などを実施しました。今年度も、農業の担い手不足の解消や地産地消等に取り組んでいきます。

南の風 奄美編~追悼 築地俊造さん~


5月20日土曜日17時からの1時間番組「南の風~奄美編」は、2017年4月14日に亡くなられた築地俊造さんの追悼番組その1です。

番組内での音源は2017年8月5日に今は無くなりましたが、一番街商店街の南端にあった「琉球ワールド:2階で開催された月1回の奄美のライブでの築地俊造さんの生音源です。


当時大橋愛由等さんがコーディナイト、FMわぃわぃがステージの音響を担当しておりました。


地域の中の様々な違った文化、異なった文化を育み、公開し、共に楽しむたま「電波の出前」プロジェクトをFMわぃわぃの番組の方々と精力的に行っていたことが、このような重要音源を残すことになったこと、そして今はそれがそれぞれの場所で花咲いてきていることを実感しとてもうれしく思っています。

5月20日のワンコイン番組~電話中継で福島について考える!

5月20日12時からのワンコイン番組
今日は12時10分~30分まで中継を行いました。
中継先は大阪弁護士会館。毎月第3土曜日13時からは原発賠償関西訴訟(全国いろんな地域での訴訟が起こっています)の弁護士さん、当事者、サポーターズのみなさんが集まって勉強会をされています。

FMわぃわぃのcrewでもあり、また東日本大震災の気仙沼を中心として支援ボランティアグループ「バレンタインチーム」の久一千春さんにお話を聞きました。

久一さん自身が宮城にご実家のある事、福島ともゆかりのある事、そして神戸での被災経験もある事、いろんな繋がりの中から、「だれもがみんな自分の愛するまちに住みたい」それができない哀しみを共有しどうすればよいのか?そしてこれから先、そんなことが起こらないようにするためにはどう考え、そう行動しどういう発信をすればよいのか????

本日のワンコインに参加した金千秋、はまのかずみ、いまちゃん、それぞれもいろんなことを想い考えました。
**ワンコイン番組はいろんなことを考え、話し合うそういうための「場」としてインターネットメディアFMわぃわぃが維持・運営しています。ぜひ一度あなたもこの場に参加し違った想い、異なった意見の重なり合いの「場」においでになりませんか?参加についてのお問い合わせはメールでお待ちしています。 FMYYmail fmyy@tcc117.jp

いまどきのメディアリテラシー 第2回目

5月13日から毎週土曜日13時半からの30分「いまどきのメディアリテラシー」の配信が開始されています。これは関西学院大学総合政策学部山中速人研究室ゼミの番外編として製作しています。

そしてこのお話の土台は現代企画室から2009年1月に出された「娘と話す メディアってなに?」を2016年10月に改訂新版としてだされたものを基本に進んでいきます。

この本では架空のコミュニティラジオ局かもめラジオ(実はモデルはFMわぃわぃなのですが)を舞台に、メディアから流れる情報は、実は自分自身が読み解いていく必要があるという事を、メディアの歴史を踏まえながら進んでいきます。
インターネットで検索するとすぐ出てくる人気の本ですので、本としてもお読みいただければ幸いです。

ももっちおばちゃんのラジオお昼便再放送!戦争法案について。


「ももっちおばちゃんのラジオお昼便」中田進さんが読み解く戦争法案 5回シリーズ

憲法記念日のある5月の特集として再放送しています。
5月6日13時~13時15分第1回目
5月13日13時~13時15分第1回目 13時15分~13時30分第2回目
5月20日13時~13時15分第2回目 13時15分~13時30分第3回目
5月27日13時~13時15分第3回目 13時15分~13時30分第4回目
6月3日13時~13時15分第4回目  13時15分~13時30分第5回目
6月10日13時~13時15分第5回目
と配信いたします。ぜひ一度耳を澄ませてお聞きくださいませ。

神戸市長田区から世界10の言語で放送しています。