神戸長田の多文化・多言語コミュニティ放送局│FMわぃわぃ | 神戸市長田区から世界の言語で放送しています。

7月21日の「ワンコイン番組」神戸ソーシャルブリッジのプロボノたちが参加

7月21日のワンコイン番組の参加者は今ちゃんこと今井正さん、そして2018年度神戸ソーシャルブリッジにプロボノとして参加された4人の方が2人のこのプロジェクト担当者2人とFMYYを体感するために「ワンコイン」に参加。募金にもご協力いただきました。


ワンコイン番組で「西日本豪雨」支援募金開始!Nishi Nippon heavy rain support donation!

FMわぃわぃではワンコイン番組のお越しのみなさまにスタジオのテーブルのおいてある、「ワンコイン」投入用の土偶ちゃんに「西日本豪雨被害者」のみなさまへの募金をお願いしてます。
ぜひご協力よろしくお願い申し上げます。

서일본 호우 지원 모금
Nishi Nippon ủng hộ mưa lớn
西日本大雨支持捐款

7月14日土曜日のワンコイン番組~土砂災害と夏越ゆかた祭

今日のワンコイン番組の参加者は、左から蔀より子さん、宮本健一郎さん、そしてKOBerriesの大出姫花さん、岡野春香さん、黒谷真琴さん、ミキサーは上澤寛文君、進行とスイッチャーは金千秋でした。
前半は西日本一帯での大雨・土砂災害について、宍粟市の方に土木の応援に行っていた宮本Crewからの報告。そして後半は17日・18日開催の長田神社での「夏越ゆかた祭」18日水曜日に出演のKOBerriesが紹介してくれました。

ワンコインはYoutubeでもご覧になれますので、FMYYのYoutubeサイトをお気に入りに登録してください。

「長田今昔ものがたり」第104話

第104話 七夕や地蔵盆でにぎわう夏 2018年7月7日放送

関西というか、神戸の方の年中行事では、「月遅れ」という数え方があります。お盆などは8月15日ですね、おひなさんなら4月3日までに飾りを片付けるといった、融通を利かせる工夫があります。ワダカンの子ども時代、「七夕さん」は月遅れの8月7日でした。今は7月いっぱいが神戸の「七夕まつり」になっています。真野地区の、三ツ星ベルトが力をいれている七夕まつりは楽しいですね。地蔵盆は8月23日、長田近辺の子どもたちにとっては1カ月分のお菓子を1晩で集められる行事です。室町時代から始まったようで、最初はお酒を飲む大人の行事だったのが、子ども向けに進化したようです。


104話 真野地区の七夕まつり

AWEPあんしんつうしん 第1回


2018年7月7日・14日土曜日17時半~17時45分アジア女性自立プロジェクトが、以前から行っていた「AWEPあんしんつうしん」を音声でも届けることになりました。

第1回目は6月18日月曜日朝発災した大阪北部地震にも関連して「緊急地震速報」のアラーム音が鳴った時、どうしたらよいかをお知らせしました。

「6月18日の朝、おおさかで おおきな じしんが
ありました。
じしんのとき、けいたいでんわ や すまーとふぉん から
アラーム音が なります。
こんな音です。
♪♪♪
この音が 聞こえたら、じぶんの からだを まもりましょう。
つくえのした や ベッドのした に はいって、あたまを
かくしましょう。」

If you have any troubles and don’t know where to ask, please feel free to contact us. Our phone number and FAX is 078-734-3633 and email address is awep@tcc177.jp. We also have a website so please check it.
Also, please tell us if you want to get Tips and Info from AWEP. We also provide telephone counseling service on Wednesday from 11:00AM to 4:00PM.

この番組は、神戸まちづくり六甲アイランド基金の助成を受け製作しています。

KOBE BRIDGING JAPAN & AFRICA throught ICT

7月7日の第1週土曜日と14日の第2土曜日の4時~4時半日本語で、4時半から5時は英語で、神戸情報大学院大学のアフリカからの学生たちが、日本・神戸に住んでみて気づいたことやアフリカの自分の国のことを紹介しています。
私たちにが普段気づかないことに気づかせてもらえます。
They are talking about differences in cooking methods between Japan and their countries.
On the first and second Saturdays (7th and 14th July) from 4pm to 4:30 in Japanese and from 4:30 to 5pm in English, KIC students from Africa share their stories about what has surprised them once in Kobe, Japan, what they have found out through their life there, and other things they found intriguing and mind-blowing in Kobe or in Japan in general.

日本語(Japanese)

パーソナリティは、神戸情報大学院大学の船山・プロジェクトマネージャー(アフリカなどの国々でNGO活動等に参加)とセンダ先生(コンゴ出身 京都大学大学院を卒業、建築家)です。
They are with our regular personalities, Ms. Funayama (Left photo: Having worked in multiple African countries) and Prof. Nsenda (Architect originally from Democratic Republic of Congo and graduated from Kyoto university graduate school).

英語(English)

今月のアフリカからの留学生は、写真の右の方がルワンダ共和国からのサビオさん(DUKUZUMUREMYI Dominique Savio)、そして左の方がセネガル共和国からのジョナサン(JFALL, Jonathan Christie Thiandella)です。 二人は、修士1年生ですので、日本に来て8ヶ月が過ぎたところです。
In this month, our guest students from KIC are Mr. DUKUZUMUREMYI Dominique Savio (on the right of the photo) from the Republic of Rwanda and Mr. JFALL, Jonathan Christie Thiandella (on the left of the photo) from Republic of Senegal.

続きを読む KOBE BRIDGING JAPAN & AFRICA throught ICT

神戸市長田区から世界の言語で放送しています。