多言語版【外国人も1人10万円(100,000YEN)をもらうことができます】

※4月30日一部翻訳改訂

全国の相談窓口やご友人へのお知らせでご活用ください。

【外国人も1人10万円(100,000YEN)をもらうことができます】

新型コロナウイルス(covid19)で、政府は日本に住んでいるすべての人に、1人10万円をあげます。
10万円(100,000YEN)をもらうことができる人は「4月27日の『住民基本台帳』に書いてあるすべての人」です。
外国人もお金がもらえます。
総務省が20日、発表しました。

外国人がお金をもらうには、次のことが必要です。
・日本に3カ月より長く住む在留カード(在留資格)
・4月27日時点で住んでいる町の「住民票」

あなたが住民票を登録している町の役所から、あなたの家に、お金をもらうための「申請書」が届きます。
申請書に、世帯主(父など)の名前、生まれた日(生年月日)、住んでいるところ(住所)、お金を振り込む銀行口座を書いて、役所に送ります。
口座や、あなたが本人であることを確認できる書類のコピーも一緒に送ります。

マイナンバーカードがある人は、オンラインで申請することもできます。

申請書が届く日や、お金がもらえる日は、住んでいる町で違います。
早いところは5月中に始まります。

もし、「住民基本台帳」や「住民票」について、知りたいことがあったら、電話で相談できます。コールセンターの人が市役所の人と、通訳もします。

総務省のコールセンター
0570-066-630(ナビダイヤル)
03-6436-3605(IP電話、PHSからの通話の場合)
8:30~17:30
土日祝日は休みです。
日本語、英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、ベトナム語、タイ語、インドネシア語、タガログ語、ネパール語で相談することができます。

外国人の『住民基本台帳』について説明しています。いろいろな国の言葉のページもあります。
https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/zairyu/

出典:
「外国人も1人10万円(100,000YEN)をもらうことができます」(やさしい日本語ニュース/withhnews・朝日新聞 2020年4月21日)
URL:https://www.facebook.com/yasashiinews/

※著作権表示および注意事項
やさしい日本語翻訳版はwithnewsの「やさしい日本語」記事を特定非営利活動法人 多言語センターFACILが独自に翻訳・開発したものであり、株式会社朝日新聞社はその内容や正確性を担保するものではありません。withnewsの「やさしい日本語」記事の著作権その他の権利は株式会社朝日新聞社に帰属し、翻訳版の著作権は特定非営利活動法人 多言語センターFACILに帰属します。
//youtube遅延読み込み