新着情報
新型コロナウィルス関連情報

FACILの翻訳通訳

阪神大震災直後の炎上するカトリックたかとり教会

阪神淡路大震災発生当時のカトリックたかとり教会(神戸市長田区)敷地内.。のちにFACILはここを拠点に翻訳・通訳の活動を開始することになります。

1995年、阪神淡路大震災が発生。 大きな被害を受けた神戸市長田区でことばのわからない外国人被災者のために、 避難情報を多言語で翻訳し避難所に掲示するなどのボランティア活動が立ち上がりました。

この活動が私たちのルーツです。

以来、FACILは、地元神戸を拠点に、さまざまな自治体、教育機関、NPO・NGO、企業と協力し、多言語情報の提供など、翻訳・通訳をコミュニティビジネスとして実施しています。

※コミュニティ・ビジネスとは?
地域の市民が主体となり、地域の資源を活用して、地域の抱える課題をビジネス的手法で解決し、 コミュニティの再生を通じて、その活動で得た利益を地域に還元すること。 一般の翻訳・通訳会社とNPOのFACILはどこが違う?

リーズナブルな料金

※料金は言語によって変わる場合があります
※通訳は別途交通費がかかります

対応言語

辞書 英語 スペイン語 ポルトガル語 ロシア語 ドイツ語 フランス語 イタリア語 インドネシア語 タガログ語 ベトナム語 タイ語 マレーシア語 ネパール語 クメール語 ミャンマー語 トルコ語 アラビア語 ペルシャ語 ウルドゥー語 韓国朝鮮語 モンゴル語 中国語(北京語、広東語)
など60言語にのぼります。

また、上記以外の言語も対応できる場合があります。

一般の翻訳・通訳会社とNPOのFACILはどこが違う?

在住外国人が持つ「ことば」「文化」という価値を以て、在住外国人のエンパワーメントと、クライアント様の業務課題の解決を実現します。

arrow
arrow
arrow

言葉のわからない外国人患者が不安なく医療機関を受診できるためにインターネットを通して通訳

これらのミッション実現のために、多言語・多文化・国際協力関連のネットワークを持っていることも大きな特徴です

多言語・多文化に精通し、ネットワークを持つFACILが、あなたの多言語を使ったビジネス、施策をより実効性のあるものにします。

こうしたNPO活動の経験を通して、外国の事情や日本における外国人コミュニティごとの特徴や課題を知リつくしたFACILが、あなたのアイデア・企画をより豊かで実効性のあるものにします。
これは一般の翻訳・通訳会社には無い、翻訳通訳を事業とするNPOである多言語センターFACILにしかできないことだと自負しております。

ぜひFACILにご相談ください。


主な翻訳通訳サービス分野

誤解のない正確なマニュアル、表現力豊かなキャッチコピーなど、専門分野の翻訳で多数実績があります。

インバウンド施策をお考えなら、「外国人の文化的背景を知り尽くしたFACIL」による『誤解なく伝える』翻訳がベストです。

  • 観光ガイド
  • 翻訳観光マップ翻訳
  • 観光PR文翻訳
  • 施設案内展示パネル制作・翻訳

FACILは地方自治体や中央官庁から相談を受け、外国人住民調査の企画からコンサルティングできるNPOです。

教育分野に関する翻訳

  • 小学校児童へのインフルエンザアンケート翻訳
  • 保育所、幼稚園保護者向けアンケート翻訳
  • 教育機関アンケート翻訳
  • 被災地アンケート翻訳

防災分野に関する翻訳

  • 防災マップ 制作 翻訳
  • 防災カード 企画 制作 翻訳
  • 災害時多言語情報音声ツール 企画 制作 翻訳

お客様の声

NGO外国人救援ネット様よりFACILにいただいたメッセージを紹介させていただきます。

「多言語センターFACILには、何度か資料の翻訳を依頼しました。
業務上、日本語の資料を多言語に翻訳する必要があるのですが、FACILさんにお願いすると、日本語の原本1つから、こちらの希望した言語全てに翻訳をしてくれます。
特に印象に残っているのは、2013年に神戸で開催した移住者と連帯する全国フォーラムの事です。
当日のプログラムの案内2ページ分を、英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、タガログ語に翻訳していただきました。
日本語の原本と、翻訳された資料が対になるようにレイアウトしてくださいました。微調整などのお願いにも快く対応してくださいました。
また2日間のフォーラムで、英語、スペイン語、ポルトガル語のウィスパリング通訳者を派遣していただきました。
値段もリーズナブルなので、とても助かりました。それ以降も度々依頼しています。」

動画「翻訳の重要性」