多言語センターFACILは、通訳翻訳をはじめ、外国語ナレーションなどの制作を企画・プロデュースから提供できるNPO法人です。

通訳サービス

商談の通訳から学校や医療現場での通訳まで

通訳

神戸市を拠点に通訳者を派遣してきたFACILは、国際会議や商談などのビジネス通訳から学校や医療現場でのコミュニティ通訳まであらゆる場所での「言葉」をつないでいます。

一口に「通訳」と言っても、いろいろな形態があります。

同時通訳と逐次通訳、ウィスパリング・・・。
目的、内容、状況、規模など、様々な条件に応じて、必要な通訳が変わってきます。

  • 通訳者の派遣を初めて依頼する。
  • 予算内に通訳派遣料が収まるか。

ご安心ください。
FACILがお客様にあわせて、最適な通訳者をコーディネートいたします。

通訳 実績(2007~2014年の一部実績)

注文名依頼者言語
港湾物流人材育成プログラム通訳団体(関西:国際協力)ベトナム語
産業技術フォーラム通訳(同時通訳)鳥取県中国語・韓国朝鮮語
工場実習通訳企業(工業)インドネシア語
港湾物流人材育成プログラム通訳団体(関西:国際協力)ベトナム語
医療資材物流センター説明・会議(逐次・同時)通訳企業(医療機器・医療用品)英語
社内会議通訳企業(医療機器・医療用品)英語
製品PR説明会通訳企業(医療機器・医療用品)英語
商談通訳企業(繊維)中国語(普通話)
震災関連国際シンポジウム・打ち合わせ(逐次通訳)関西大学中国語(普通話)
神戸方面
観光通訳ガイド(安藤忠雄建築等)
個人(米国)英語
京都市内
団体観光通訳ガイド
個人(兵庫県内、中国企業仲介)中国(普通話)
神戸市内 
観光通訳ガイド
個人(米国)英語
神戸市内 
団体観光通訳ガイド
企業(兵庫県外)ロシア語
大学短期海外研修プログラム(神戸市内見学通訳ガイドもセット)旅行会社(兵庫県外)中国(普通話)
京都市内 団体観光通訳ガイド旅行会社(兵庫県外)韓国・朝鮮語
神戸市内 団体観光通訳ガイド企業(兵庫県外)英語
大学短期海外研修プログラム神戸市内見学通訳ガイド旅行会社(兵庫県外)韓国・朝鮮語
神戸市内 大学留学生見学通訳ガイド旅行会社(兵庫県外)英語
神戸市内 通訳ガイド個人(国内)韓国・朝鮮語
大学短期海外研修プログラム神戸市内見学通訳ガイド旅行会社(兵庫県外)韓国・朝鮮語
大学短期海外研修プログラム神戸市内見学通訳ガイド旅行会社(兵庫県外)中国(普通話)
神戸・淡路 団体観光通訳ガイド(国際会議後エクスカージョン)団体(兵庫県外)英語
神戸市内 観光通訳ガイド個人(国内)韓国・朝鮮語
神戸市内 半日観光通訳ガイド団体(オーストラリア)英語
神戸市内 観光通訳ガイド個人(国内)韓国・朝鮮語
兵庫県内・神戸市内 会議・視察の通訳、翻訳(北東アジア地域自治体連合防災文化委員会)兵庫県ロシア語
神戸市 ベルリンフィル高校生向管楽器マスタークラス通訳ホテル(兵庫県内)英語
ブラジル・パラナ州知事一行来県に係る通訳(表敬訪問、レセプション)兵庫県ポルトガル語
神戸市内 兵庫県知事表敬訪問、レセプション通訳(ホーチミン市長)兵庫県ベトナム語
神戸市内 兵庫県知事表敬訪問・レセプション通訳(ベトナム科学技術大臣一行)兵庫県ベトナム語
神戸市内 兵庫県知事表敬訪問通訳(ブラジル)兵庫県ポルトガル語
神戸市内 世界観光機関(UNWTO)アジア太平洋地域委員会 施設説明・レセプション通訳世界観光機関(UNWTO)兵庫・神戸会議地元協力委員会英語(通訳4名)
神戸市内 視察等アテンド通訳(天津市教育スポーツ交
流団)
神戸市教育委員中国語(普通話)
神戸・大阪・奈良 視察アテンド通個人(スイス)ドイツ語
ペルー独立記念日イベント通信会社様PRコーナーのスペイン語通訳

通訳の種類

同時通訳

同時通訳

話者とほぼ同時に通訳を開始します。

専用機材を使用し、聴衆にはイヤフォンを通じて通訳内容が届けられます。
高度な技術を有する通訳者、また複数の通訳者が必要となります。
大人数、時間が限られているなどの場合にご利用いただいております。
また専用機材、会場スペースが必要となるため、予算規模が大きくなります。

逐次通訳

逐次通訳

話者が一定時間発話した後に続く形で、順次、通訳を行います。

特別な機材は必要ありませんが、発言時間の倍の時間が必要となります。 進行に余裕のあるケースや小規模のミーティングなどにご利用いただいております。

ウィスパリング

ウィスパリング

よくテレビのインタビューなどで見受けられるような、通訳形態です。

一方の言語の話者が少数の場合などに適しています。 対象者の耳元でささやくようにして、通訳を行います。 発話の際は、状況に応じて同時または逐次となります。

同行通訳

同行通訳

複数の場所を移動しながらの通訳がご入用の場合は同行通訳をご利用ください。

通訳形式は逐次通訳が中心となります。 海外からのお客様を迎えての研修やフィールドワークなどにご利用いただいております。ご希望の日数や行程などにより金額が異なります。まずはご相談ください。

シンポジウムでの同時通訳

通訳現場をよりイメージしやすいように、実際のシンポジウムでの通訳シーンを紹介します。

これは2017年8月27日に開催された、FACILのグループ団体である「ワールドキッズコミュニティ」主催のシンポジウム「2つ以上の言葉の狭間で生きる子どもたち」の模様です。

韓国とアメリカからのゲストの方々、スペイン語圏出身住民の参加者向けに、多言語センターFACILでは韓国・朝鮮語、英語、スペイン語の同時通訳とウィスパリング通訳を担当しました。

当日の参加者は100名を超え、同時通訳は会場内のことばの壁を乗り越えるためになくてはならない存在で好評を博しました。

同時通訳でよく使われる機材「パナガイド」を通して通訳し、参加者はイヤホンで聞きながらシンポジウムは進みます。

通訳写真

一部、リレー通訳もありました。写真は英語から日本語への同時通訳の模様です。

通訳写真

日本語から韓国・朝鮮語への同時通訳へ。

通訳写真

日本語→英語と日本語⇔スペイン語はウィスパリングで通訳。ささやき中。

通訳写真

同時通訳ではよく専用ブースが用意されていることも多いのですが、この日は簡易な環境での通訳でした。それにもかかわらず、FACILの通訳者なら臨機応変に対応いたします。

観光案内通訳も派遣しています。

通訳場面言語能力だけでなく、文化や歴史にも精通した「通訳案内士」。
言語によっては、国家資格「通訳案内士」を有する通訳者のみが、外国語を用いた観光案内を行うことができます。

FACILではこの資格を持つ通訳者が、ゲスト様をホスピタリティあふれる心でご案内。お客様のご希望に合わせたコースのご提案も可能です。 特に神戸市の防災施設阪神間の建築に関するコースにご好評をいただいております。 また、すでに日本語のガイドを予定されている場合は、通訳者が同行する形式で
逐次通訳のみを行うことが可能です。