オンライン通訳・同行通訳サービス

リモート通訳イメージ

オンライン通訳に対応しています

世界中が新型コロナウィルスの禍中にあるなか、多くの人が「Zoom」をはじめとしたビデオ会議ツールを使い、その場に居合わせることなくコミュニケーションをとるようになりました。

制約によって通訳者がその場に同席できないとき、どうやってコミュニケーションをとるか

「通訳・翻訳者がそこに行けない状況下でも多言語で情報を届ける」
実はこれは、私たちが従前から模索し実践してきたテーマなのです。

「被災地と神戸」~災害時の多言語情報提供を遠隔で

大きな災害が起こるたびに多言語情報を被災地に提供する活動をしてきたNPOの私たちにとって、 時間・空間の制約を越えて、情報を被災地の外国人住民に届けることが求められました。

そのために阪神淡路大震災や東日本大震災の支援活動でツールとして活用したのは、ラジオ放送やインターネット放送を通じた「音声」でした。
FACILが多言語で翻訳し、音声ファイル化した災害情報を被災地に送り、現地のコミュニティ放送に乗せて届けたのです。
「ラジオを使い、外国出身の住民が自ら発信するお手伝いをしたい。」FACILが参加した東北地方に在住する外国人への支援活動

医療通訳で活用してきたリモート通訳をビジネス通訳にも

そして、近年FACILが力を入れている「医療通訳」では、コロナウィルスがまん延する以前から、ビデオ会議ツールを使い、リモート通訳によって外国人患者と病院との橋渡し役を務めてきました。
リモート医療通訳を啓発するための動画(医療通訳で提携している東和エンジニアリング制作)

リモート医療通訳では、
「感染症が流行する状況下でも通訳者・利用者の健康を守りながら通訳することができること」
これが大きなメリットです。

そしてこのメリットは、コロナ禍で言葉のわからない人同士が同席できない状況下でも、これまでのオンライン通訳の実績を活かしながら、一般の通訳の中で引き継がれています。

医療通訳、またこれからはビジネスや生活でも、制約や障壁を越える有効なツールとしてFACILのリモート通訳をぜひご利用ください。

同行通訳

複数の場所を移動しながらの通訳がご入用の場合は同行通訳をご利用ください。

通訳形式は逐次通訳が中心となります。 海外からのお客様を迎えての研修やフィールドワークなどにご利用いただいております。ご希望の日数や行程などにより金額が異なります。まずはご相談ください。

同時通訳

話者とほぼ同時に通訳を開始します。
専用機材を使用し、聴衆にはイヤフォンを通じて通訳内容が届けられます。

高度な技術を有する通訳者、また複数の通訳者が必要となります。
大人数、時間が限られているなどの場合にご利用いただいております。
また専用機材、会場スペースが必要となるため、予算規模が大きくなります。

逐次通訳

話者が一定時間発話した後に続く形で、順次、通訳を行います。

特別な機材は必要ありませんが、発言時間の倍の時間が必要となります。 進行に余裕のあるケースや小規模のミーティングなどにご利用いただいております。

ウィスパリング

テレビのインタビューなどで見受けられるような、通訳形態です。

一方の言語の話者が少数の場合などに適しています。 対象者の耳元でささやくようにして、通訳を行います。 発話の際は、状況に応じて同時通訳または逐次通訳となります。

観光案内通訳も派遣しています。

通訳場面

言語能力だけでなく、文化や歴史にも精通した「通訳案内士」。
言語によっては、国家資格「通訳案内士」を有する通訳者のみが、外国語を用いた観光案内を行うことができます。

FACILではこの資格を持つ通訳者が、ゲスト様をホスピタリティあふれる心でご案内。お客様のご希望に合わせたコースのご提案も可能です。 特に神戸市の防災施設や阪神間の建築に関するコースにご好評をいただいております。 また、すでに日本語のガイドを予定されている場合は、通訳者が同行する形式で
逐次通訳のみを行うことが可能です。

通訳料金のめやす

  • 通訳者を派遣するために必要な料金として下記の基本料金をご参照ください。
  • 内容の専門性や時間帯、会合規模などによって料金は変わりますので詳細はお問い合わせください。

■ 一般通訳
(役所、裁判所、学校での手続き、
弁護士との面談、家族間の話し合い、etc..)

  • 専門性によって追加の料金をいただくことがあります
  • 医療通訳の分野では、モデル事業をファシルが主宰しており 一定の要件を満たすケースなら、別の料金体系が適用されます。お問い合わせください。

~2時間

15,000円~
(税込:16,500円~)

同行[アテンド]通訳(9名まで)
観光ガイド(9名まで)

  • 10名~: + 4,000円(税込:4,400円)
  • 15名~: + 7,000円(税込:7,700円)
  • 20名~: + 10,000円(税込:11,000円)

一日
(8時間)

35,000円~
(税込:38,500円~)

半日
(4時間)

20,000円~
(税込:22,000円~)

8時間超
(1時間毎)

+5,000円
(税込:+5,500円)


ビジネス関連、各種会議・講演通訳

逐次通訳

~2時間


20,000 円~ (1名)
(税込:22,000円~)

2時間超
(30分毎)

+3,000円
(税込:+3,300円)

同時通訳

料金・時間などについてはお問い合わせください


  • * 上記料金に別途交通費がかかります。
  • * 観光ガイドの予約は、原則として3日前までにお願いします。事前に申込金のお支払をお願いすることがあります。
  • * 通訳のご予約を取り消される場合、必ずご連絡下さい。キャンセル料金を申し受ける場合があります。

キャンセル料金

[table id=9 /]

通訳 実績(2007~2014年の一部実績)

商談の通訳から学校や医療現場での通訳まで多くの実績があります。ここではその一部を紹介させていただきます。

[table id=7 /]

お客様の声

観光通訳ガイド

ビジネス・一般通訳

国際会議通訳

コラム:シンポジウムでの同時通訳

通訳現場をよりイメージしやすいように、実際のシンポジウムでの通訳シーンを紹介します。

これは2017年8月27日に開催された、FACILのグループ団体である「ワールドキッズコミュニティ」主催のシンポジウム「2つ以上の言葉の狭間で生きる子どもたち」の模様です。

韓国とアメリカからのゲストの方々、スペイン語圏出身住民の参加者向けに、多言語センターFACILでは韓国・朝鮮語、英語、スペイン語の同時通訳とウィスパリング通訳を担当しました。

当日の参加者は100名を超え、同時通訳は会場内のことばの壁を乗り越えるためになくてはならない存在で好評を博しました。

通訳写真

同時通訳でよく使われる機材「パナガイド」を通して通訳し、参加者はイヤホンで聞きながらシンポジウムは進みます。

通訳写真

一部、リレー通訳もありました。写真は英語から日本語への同時通訳の模様です。

通訳写真

日本語から韓国・朝鮮語への同時通訳へ。

通訳写真

日本語→英語と日本語⇔スペイン語はウィスパリングで通訳。ささやき中。

同時通訳ではよく専用ブースが用意されていることも多いのですが、この日は簡易な環境での通訳でした。それにもかかわらず、FACILの通訳者なら臨機応変に対応いたします。