多言語センターFACILは、通訳翻訳をはじめ、外国語ナレーションなどの制作を企画・プロデュースから提供できるNPO法人です。

多言語翻訳の流れ

お見積もり

お見積もり作成にあたって確認させていただく事項があります。

詳しくは「翻訳料金 お見積もりについて」を参照ください。

arrow

翻訳の正式受注

必ず最終原稿をご用意ください。

最終原稿をいただいた時点で正式受注となります。 (正式受注以後に原稿内容に変更があった場合は別料金となります)

arrow

原稿についての確認

翻訳するにあたって、何らかの参考資料をお持ちですか?

未完成の翻訳をお持ちならぜひご呈示ください。 たとえ未完成でも、専門分野についての翻訳なら、固有名詞の表記を決定する際に、ガイドラインとして有効な参考資料となり得るかもしれません。 このように参考になりそうな資料がありましたら、ぜひ拝見させてください。

arrow

納品

翻訳を納品し終えてからでも、印刷する前に最後に1度、「無料校正」します。

FACILで翻訳。その翻訳を納品後、お客様のほうでDTP制作される場合、
翻訳を納品→入れ込み→校正→修正→印刷へ
最後の修正作業のとき、入れ込みミスが発生することがあります。
特に、外国語に慣れていない制作者が作業し、自ら最終チェックしても、外国語に馴れていなければミスに気付きにくいもの。
入れ込みミス、項目抜けなどが無いか、出稿前にもう一度チェックせずに
印刷に出すのは不安ではないでしょうか。

FACILなら、翻訳を納品した後でも、最後に1度、無料で校正しています。 お気軽にお申し付けください。