多言語ホームページ制作

FACILが多言語ホームページ制作を始めてから約10年以上。
ホームページの制作環境も、表示環境も大きく様変わりしました。
大きなポイントとなったのが、WindowsやMacのユニコードへの対応です。

※ユニコードとは、ユバーサルな文字表示のしくみ。
どんな言語も文字化けすることなしに、表示、コピー&ペーストが自在にできるしくみです。

WindowsやMacでの多言語表示~一世代前

ベトナム語を例に取り上げてお話します。

Windows98、Me、MacOS9の時代。パソコンでベトナム語を表示するためには、ベトナム語専用フォントをインストールする必要がありましたが、このことさえ知っていれば解決できるシンプルな問題でした。

ベトナム語の翻訳者は、ベトナム語の翻訳文章をタイプする際に、このように設定してベトナム語翻訳をしていたのです。

私たちWEB、DTP制作者も、自分のパソコンにベトナム語専用フォントをインストールし、翻訳者とパソコン環境を同じくすることによって、文字化けせずにHTMLエディタへコピー・ペーストができていました。

graph

WindowsやMacでの多言語表示~現在

後に登場した、WindowsXP、MacOSXには、ユニコードシステム、ユニコード・フォントがあらかじめ搭載されており、これを使えば、ベトナム語でもタイ語でも、表示・タイプすることが可能になりました。

これによってWEB制作者も、XP、OSXで、ユニコード対応のHTMLエディタを使えば、翻訳者がタイプしたベトナム語原稿を、文字化けなしに表示・コピー・ペーストが
できるようになりました。

一世代前環境と現在の環境とのあいだで
ファイルのやりとりをすると発生する文字化け

しかし、一世代前環境の下で作成されたテキストをユニコード環境で扱おうとすると、
互いの文字コードの相違が原因で文字化けしてしまいます。

ベトナム語の例で言うと、Windows98の下で、「VNI-Times」のようなベトナム語フォントでタイプされたテキストは、
ベトナム語専用文字コードで作成されており、
ユニコード環境下の現在の環境では正常な表示ができないのです。

graph

このように作業環境のバージョンアップ(OS、アプリケーションのバージョンアップ)に伴って、また、言語によって、予期せぬ文字化けが発生する可能性は常にあるのです。

ユニコードの普及で多くの制作会社さんにとっても多言語ホームページは制作しやすくなりました。
ただ、前述のようなイレギュラーな文字化けなどに、どこまで対応できるでしょうか。

FACILでは、ユニコード普及前の時代から、数多くの多言語DTP、WEB制作に携わり、あらゆる文字化けに対応してきました。

また、ユニコード普及したことによって、新たに発症するようになった文字化けもクリアすることで、制作をこなしてきました。

FACILの多言語DTP、WEB制作は、あらゆるイレギュラーな文字化けへ対応してきた、いわば多言語のスペシャリストです。扱いのデリケートなタイ語、ベトナム語でも安心して多言語制作を委ねることができます。