多言語版【「もうお金がありません」コロナで無職……外国人労働者の現実】


元の記事(日本語): 岩橋誠(NPO 法人 POSSE),「もうお金がありません」コロナで無職……外国人労働者の現実 (朝日新聞 withnews, 2020 年 4 月 10 日)








この記事は多言語センターFACILに登録している翻訳者の方々にご協力いただき、翻訳しました。


FACILは大きな災害が起きると、登録翻訳通訳者(=在住外国人)の力を借りて避難情報を翻訳し、発信しています。
こういった一連の活動は一般の翻訳会社との大きな違いの一つです。


在住外国人が翻訳者がとして成長するイメージ
日本の生活で気後れしていた在住外国人。
翻訳・通訳という仕事のなかで
自国の文化・母語が必要とされるスキルであることに気づき、自信を取り戻してもらいたい。
NPOとして翻訳通訳事業を行うFACILの根幹をなすテーマです。

詳しくは「一般の翻訳・通訳会社とNPOのFACILはどこが違う?」をご覧ください

※著作権表示および注意事項
やさしい日本語翻訳版はwithnewsの「やさしい日本語」記事を特定非営利活動法人 多言語センターFACILが独自に翻訳・開発したものであり、株式会社朝日新聞社はその内容や正確性を担保するものではありません。withnewsの「やさしい日本語」記事の著作権その他の権利は株式会社朝日新聞社に帰属し、翻訳版の著作権は特定非営利活動法人 多言語センターFACILに帰属します。