FACILの多言語
翻訳・通訳サービス

p_dictionary_021995年、阪神淡路大震災が発生。 大きな被害を受けた神戸市長田区でことばのわからない外国人被災者のために、避難情報を多言語で翻訳し避難所に掲示するなどのボランティア活動が立ち上がりました。この活動が私たちのルーツです。 以来、FACILは、地元神戸を拠点に、さまざまな自治体、教育機関、NPO・NGO、企業と協力し、多言語情報の提供など、翻訳・通訳をコミュニティビジネスとして実施しています。

※コミュニティ・ビジネスとは? 地域の市民が主体となり、地域の資源を活用して、地域の抱える課題をビジネス的手法で解決し、 コミュニティの再生を通じて、その活動で得た利益を地域に還元すること。

リーズナブルな料金


※上記は税別の料金です
※料金は言語によって変わる場合があります
※通訳は別途交通費がかかります

主な対応言語

    • 英語/
    • 韓国・朝鮮語/
    • 中国語 通訳なら北京語・広東語。
      翻訳なら繁体字・簡体字。
      その他地方言語。/
    • ベトナム語/
    • タガログ語/
    • インドネシア語/
    • タイ語/
    • ポルトガル語/
    • スペイン語/
    • マレーシア語/
    • クメール語/
    • ミャンマー語/
    • カレン語/
    • ネパール語/
    • ウルドゥー語/
    • アラビア語/
    • トルコ語/
    • ペルシャ語/
    • ロシア語/
    • ドイツ語/
    • フランス語/
    • イタリア語/
    • ポーランド語/
    • ブルガリア語/
    など60言語近くにのぼります。

主な対応言語

  • 英語
  • 韓国・朝鮮語
  • 中国語 通訳なら北京語・広東語。
    翻訳なら繁体字・簡体字。
    その他地方言語。
  • ベトナム語
  • タガログ語
  • インドネシア語
  • タイ語
  • ポルトガル語
  • スペイン語
  • マレーシア語
  • クメール語
  • ミャンマー語
  • カレン語
  • ネパール語
  • ウルドゥー語
  • アラビア語
  • トルコ語
  • ペルシャ語
  • ロシア語
  • ドイツ語
  • フランス語
  • イタリア語
  • ポーランド語
  • ブルガリア語

などを挙げることができます。また、上記以外の言語も対応できる場合があります。

NPOとして外国人コミュニティ、多文化共生関連機関との協働経験で培ったネットワークがFACILの強みの1つです。

FACILは、NPOとして構築してきた外国人コミュニティなどとの協働ネットワークを持っており、ここから翻訳者・通訳者を紹介していただくことができるなど、このつながりが豊富な人的リソースの源となっています。
これによって、約60言語による対応が実現しているのです。

お客様の声

NGO外国人救援ネット様よりFACILにいただいたメッセージを紹介させていただきます。

「多言語センターFACILには、何度か資料の翻訳を依頼しました。

業務上、日本語の資料を多言語に翻訳する必要があるのですが、FACILさんにお願いすると、日本語の原本1つから、こちらの希望した言語全てに翻訳をしてくれます。

特に印象に残っているのは、2013年に神戸で開催した移住者と連帯する全国フォーラムの事です。

当日のプログラムの案内2ページ分を、英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、タガログ語に翻訳していただきました。

日本語の原本と、翻訳された資料が対になるようにレイアウトしてくださいました。微調整などのお願いにも快く対応してくださいました。

また2日間のフォーラムで、英語、スペイン語、ポルトガル語のウィスパリング通訳者を派遣していただきました。

値段もリーズナブルなので、とても助かりました。

それ以降も度々依頼しています。」

多言語の活用がコミュニティを活性化させる

外国人住民、さらに近年ではインバウンドによる外国人観光客の増加によって、多言語への翻訳・通訳が果たす役割が、学校、町内会をはじめとした地域生活のあらゆる場面で高まっています。

  • photo
    教育委員会
    公立学校に通う外国出身の子どもが進学するとき、 自分の国の教育システムと違うためハンディがある。 準備のために日本の受験についてしっておいてほしい。

NPOとしてのFACILは、一般の翻訳会社のように翻訳・通訳ビジネスをしてきただけではありません。

20年以上に渡る事業活動の中で多文化・多言語に関係する団体と共に歩んできたFACIL。
例えば、次のような方々との協働してきた経験と実績があります。

  • スペイン語圏出身住民で構成される外国人コミュニティ
  • 神戸市に在住するベトナム人で構成される外国人コミュニティ
  • 想いを持った地域の学校の先生方を含む教育機関
  • 総務省・兵庫県・神戸市・長田区など行政との協働事業
  • 大学の研究者との共同研究・提言活動

上記の方々と協力することによって、

  • 日本国内で災害が発生した場合、災害時に固有な言葉(「避難所」「救援物資」「安否確認」「原発事故」など)がわからず不安な思いをしてしまう外国人住民のために災害情報を翻訳・通訳で提供
  • 日本語が全くわからない、或いは、医師がよく使う言葉(「少し様子を見ましょう」など)を理解しない外国人住民でも安心して病院に行き、診察を受けることができるよう医療通訳のしくみを作る

など、地域コミュニティ内での不安や課題の解決のためにしくみやツールを作ってきました。

多言語・多文化に精通し、ネットワークを持つFACILが、あなたの多言語を使ったビジネス、施策をより実効性のあるものにします。

こうしたNPO活動の経験を通して、外国の事情や日本における外国人コミュニティごとの特徴や課題を知リつくしたFACILが、あなたのアイデア・企画をより豊かで実効性のあるものにします。
これは一般の翻訳・通訳会社には無い、翻訳通訳を事業とするNPOである多言語センターFACILにしかできないことだと自負しております。

ぜひFACILにご相談ください。

はじめての方へ。
知っておきたい「翻訳する」ということ。

Facebookページもよろしくお願いします。